トップページ | 検体番号01 <PRISM-Ⅲ> »

FUSION MUSIC (フュージョン ミュージック)研究所 ここがフュージョン

FUSION MUSIC (フュージョン ミュージック)研究所 

さて、皆さんは音楽のジャンルに「FUSION」というものが存在することをご存知でしょうか。知っている人、知らない人、好きな人、嫌いな人、様々だと思います。ここではそんなFUSIONを研究・解析(大げさ)し、皆さんに知っていただこうという半ば強引で押付けがましい企画を展開して行こうとおもっています。

そこで、FUSIONの定義とは何かと疑問が生じますが、ここでは何と「私がFUSIONと思ったものがFUSION」という自己中心的な恐ろしくも曖昧な原則で進行していきます。つきましては、私のCDコレクションから「これぞ私的FUSION」を定期的(三日坊主が心配)に紹介し、”ここがFUSION” を分析していきます。それについて皆様からご意見等戴ければ嬉しく思います。

今後に御期待ください。意外なものが飛び出ますよ。

|

トップページ | 検体番号01 <PRISM-Ⅲ> »

コメント

はじめまして。
ワカメさんのところからやってきました。

> 「私がFUSIONと思ったものがFUSION」

ジャンルを示す言葉については同じような音楽でも呼び方が違っていたり、人によって感じ方が違っていたりしますよね。
ある音楽に対して「これはロックだ」「いや、ジャズだ」とかジャンルに対して言い争うことは無駄だと思うので、FUSIONさんの言ってることはそれはそれで良いと思いますよ。
“ここがFUSION” を分析していくことに期待してます。

投稿: WESING | 2005/09/30 17:48

ありがとうございます。たしかに音楽は100人いれば100の捉え方がありますよね。私としてはFUSIONがあっての音楽ではなく、音楽があってこそのFUSIONが理想です。はじめからFUSIONと思ってしまうと、そこから抜け出せないなくなるのだけは注意して進めたいと思います(例えば最初からカシオペアの音楽全てがFUSIONと思うとそこから発展しませんよね・・・たとえですよ。野呂さんごめんなさい)。今後もお付き合いのほど宜しくお願いします。

投稿: FUSION | 2005/09/30 20:41

フュージョンっていうのは、日本ではマイナーだそうで(70年代終わりのブームを除いて)、商業的に成功したのはカシオペアとスクエア位だと
聞きました。プリズムはバンドとして一般知名度があるのではなく、理科用語のそれとしてならば
耳になじみがあります。この彼らが他のジャンル
を盛ん?にプロデュースしていたのは80年代だけだったのでしょうか?

投稿: Yanaki | 2008/09/18 10:34

Yanakiさんへ。コメント感謝致します。

はじめまして!お立ち寄り有難う御座います。

正直なところ商業的に成功したかどうかは分かりませんが、確かにカシオペアとスクエアがFUSIONとしての一般的知名度は高いですネ。私の場合、ブームに関係無く、自分の感性に合ったカテゴリーがFUSIONであり、それが30年間続いているだけの事だったりします。
>他のジャンルを盛ん?にプロデュース・・
確かに、スタジオミュージシャン系の方々が多くのプロデュース作品を残していますネ。
>プリズムはバンドとして一般知名度があるのではなく・・・
今回、その存在を知って頂けただけで幸いです。

投稿: FUSION | 2008/09/18 11:53

初めまして。たまたま検索で引っかかってきたのですが、あまりにも内容が面白くて、
過去ログまで全部見てしまいました(^^)
今でもよく聴いているアルバムたちを、愛を持って紹介なさっていて感動しました。

個人的に日本人限定で好きなアルバムを無理やり5枚上げるとすると
MAKE UP CITY/CASIOPEA
TOCHICA/渡辺香津美
SURPRISE/PRISM
DG-581/KEEP
FUNKY CARAVAN/SPACE CIRCUS
なのですが、どれも紹介されていまして、大変嬉しかったです。
今後も遊びに来ますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: それもまたよし | 2009/03/13 11:40

それもまたよしさんへ。コメント感謝致します。

はじめまして!お立ち寄り下さり有難う御座います。また、心暖まるコメントに恐縮するばかりです。

それもまたよしさんがあげられたアルバム・・・私も大好きな作品ばかりです。多分、それもまたよしさんもリアルタイムで体感したのでしょうネ(同世代でしょうか・笑)そして何よりも私の拙いブログに共感下さった事、本当に嬉かったです。

今後も宜しくお付き合いの程、宜しくお願い致します。

投稿: FUSION | 2009/03/13 15:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FUSION MUSIC (フュージョン ミュージック)研究所 ここがフュージョン:

トップページ | 検体番号01 <PRISM-Ⅲ> »