« 検体番号27 <WAVE(ウェーブ)> | トップページ | 検体番号28 <野獣王国 LIVE>パート2 »

検体番号28 <野獣王国 LIVE>パート1

28 今回解析するのは、「野獣王国」の<野獣王国 LIVE>(1997年発表)です。しかし、凄いバンド名ですよね。

しかし、凄いのはバンド名だけに在らず、メンバーがこれまた凄いんですよね。

(g)是方博邦  (b)鳴瀬喜博  (kye)難波弘之   (d)東原力哉

まだ凄いのが続きます。このアルバム、なんと「ブラックボックス」というインディーズよりリリースされたんですよね。この大御所集団のアルバムがですよ・・・絶句。

そしてもっと凄いのがCD二枚組みなのですよ・・・是方さん、よっぽどリリースしたかったのでしょう。

バンド結成の経緯は、1991年ごろより是方さんが六本木ピットインで「是方スーパー・プロジェクト」なるライブを毎回違うメンバーで不定期ながらも継続していた様ですが、結構の本数(5年間で約50だそうです)になった中で、上記したメンバーでのセッションが特に印象に残ったそうです。そして、「是方スーパー・プロジェクト」が縁でこのメンバーでのセッションを続ける事になったのです。

さて、このセッションがユニットとなり、バンドらしくなってくると当然「バンド名」が必要になってきたわけです。ある日常連の客に「演奏中、みんな野獣みたいだ」と言われてバンド名「野獣王国」に決定したのでした(こう言うノリ大好きです)。

CD作成の経緯は、是方さん曰く
「ライブ活動だけしていたら、単なるセッションで終わってしまう。それが凄い惜しくて、何とか形にして残したかった。」
との事でした。その強い思い入れがインディーズ発売という形になったのでしょう(それ以外にも諸々事情はあるのでしょうが・・・)

因みにこのLIVE音源は1996年の下旬に8日間連続ツアーがあり、その最後の3日間を収録したものです。(1996年10月31日:神戸チキンジョージ、1996年11月1日、2日:京都LIVE SPOT RAG

そしてついに、記念すべき「野獣王国」のデビューアルバム<野獣王国 LIVE>が発表されるのです。

Disc-1
1. Gold Rush (7:14)
2. Z-Paradise (6:08)
3. Dimension Traveler (7:08)
4. Tears Of Mermaid (7:56)
5. ペンギンの初恋 (5:42)
6. Purple Saurus (20:55)

Disc-2
1. 哀愁のクジラ (10:55)
2. 鉄腕アトム (3:41)
3. スパイ大作戦 (4:55)
4. 日本の心 春夏秋冬 (2:23) 
5. Now or Never (14:54)
6. Last Blues (7:19)

まだまだ凄いのが続きます。CD二枚組で収録時間なんと約100分ですよ。驚くことにフェードアウトなし。インプロビゼーション全て収録されています。もうこの徹底ぶり。嬉しい限りです。

そして・・・これと同じ位の時間、トークがあるとの事です(爆笑)。勿論このアルバムにはそれが収録されていませんが、是非聞きたいものですね。

おっと・・・今回は大作の為、一日では語り尽くせませんでしたので・・・

・・・後半へ続く(何時かは約束できませんので・・・悪しからず・・・ごめんなさい)

にほんブログ村 音楽ブログへ

|

« 検体番号27 <WAVE(ウェーブ)> | トップページ | 検体番号28 <野獣王国 LIVE>パート2 »

コメント

以前、是方さんのライブに行ったことがあるんですが
(その時は聴きに行って初めて知った)
雰囲気のある、とてもパワフルな方だなぁという
印象でした。
東原さんって、浪速エクスプレスだった東原さんですよね。
懐かしい~です。
曲名のタイトルかわいいのがありますよね。
どんな曲なのか聴いてみたいです。

投稿: よっこ | 2005/12/18 00:43

よっこさん。コメント感謝します。
是方さん、いいですよね。大好きです。
私も実はliveに行って熱烈なファンになったのです。
次回から曲のレビューをしますので御期待(?)下さい。

・・・<曲名のタイトルかわいいのがありますよね。>・・・
ペンギンの初恋かな?

投稿: FUSION | 2005/12/18 10:23

こんにちは、
フュージョン関連のブログを探してやってきました。
いやー、すごく細かく記事を書かれてるのでびっくりです!
楽しく読ませてもらいます。

野獣・・は、まさにネーミングに相応しいメンバーですね。
誰も控えめに黙ってることが無い。笑
こういう日本のフュージョンシーンを盛り上げるバンドがもっと出てきたらいいですね。
カラオケポップス一点張りの若い人にも楽しんで欲しいです。
ただ、日本のフュージョンに触れたそれらの人は音楽よりもそのプレイヤーにひっついてしまって、J-FUSION一筋になっちゃうのが僕としては残念なんですが・・・
(何故か女性に多い)
広がる楽しさがフュージョンですよね。

これからもいろんなアルバム紹介して下さい!

投稿: groove | 2005/12/18 15:36

お寄り頂いて感謝いたします。
実は grooveさんのブログは何度か拝見しておりましたが、なかなかコメントする勇気がなくて(すみません)。ですから、コメント頂いて恐縮しております。

・・・<日本のフュージョンシーンを盛り上げるバンドがもっと出てきたらいいですね>・・・正にそのとおりだと思います。

・・・<音楽よりもそのプレイヤーにひっついてしまって、J-FUSION一筋になっちゃうのが僕としては残念なんですが>・・・同感です。いろいろなミュージシャンを幅広くそして出来るだけ深く(これが難しいのですよね)がモットーです。

私的にはやはりテクニックよりも音楽性重視で聴いているつもりなのですが、・・・やっぱりユニゾンとか早弾きとかスケールとかに聴き入ってしまう自分がいるんですよね(笑)

これからも宜しくお付き合い下さい。

投稿: FUSION | 2005/12/18 16:55

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検体番号28 <野獣王国 LIVE>パート1:

« 検体番号27 <WAVE(ウェーブ)> | トップページ | 検体番号28 <野獣王国 LIVE>パート2 »