« <“Akira's Jam”> | トップページ | <“Akira's Jam”の全様・中盤> »

<“Akira's Jam”の全様・前半>

前回速報にて紹介しました“Akira's Jam”の全様(?)を報告させて頂きます。

10/14日(土)その日私は18:30に福島県いわき市のとある練習スタジオ近くで友人と待ち合わせました。そう、あの「和田アキラさん」に会うために。
その友人とは「チョッピン一男」と言うベーシストです。この方、櫻井哲夫さん、故・青木智仁さんとも親交があり、特に彼愛用の「アトリエ・ベース・青木モデル」に青木さん自身からサインを頂き、直接弾いて頂いて魂を注入したもらったと言うベースが彼の武器です。まDscf0026た、Dscf0006櫻井さん、青木さんからもその演奏技術に太鼓判を頂いた凄いベーシストです。

 

さて、その友人と練習スタジオの前に来ると扉の向こうから名曲「プリズム」が聴こえて来ました。恐る恐る窓から覗くと・・・和田さんが・・・あの和田さんが確かにその曲を弾いているではありませんか。感激!!!!「プリズム」の演奏を終えたところで、やっと扉を開けて・・・ついに和田さんと初対面です。チョッピン一男君が「和田さんのファンの***(私の本名)です。今回練習を見学させてもらっても宜しいでしょうか」のお願いに「いいよ!」と気さくに応じて頂けました。それどころか、和田さん本人から握手の手を差し出されて、勿論、力強く握手させて頂きました。緊張のあまりシドロモドロの私に「名前は?」と声をかけて頂きました。自己紹介すら出来ない自分の不甲斐なさに呆れるばかりですね。今になって思い起こせば(汗)

19:00からチョッピン君の所属するバンド「Champ」の練習が始まりました。その曲は「LOVE ME」。私が始めて「フュージョン」という楽曲で「アドリブ」の楽しさを知った記念碑的楽曲です。それをほんの数メートル先で、しかもPAからではなく和田さんのアンプから直接あのフレーズが流れてくるのでした。感激のあまり目頭が熱くなる自分がいました。

Dscf0007 Dscf0005

チョッとした休憩中に「ブログに使用したいので写真撮影して良いですか」と許可を願い出たところ「いいよ」とのお返事・・・そればかりか「一緒に撮影しよう」と言った下さり、そればかりか「ギターを抱えた写真も撮ったら」と自らギターを肩に架けて下さいました。・・・・おおおおお!感激・感動・感涙・・・・何ていい人なんだ・・・・

それから約3時間の間、ただ黙して和田さんのギターを聴いていました。数々の名曲が次から次へと繰出されます。兎に角、感激以外に表現する術が有りません。

Dscf0008 Dscf0013

Dscf0018 それと一緒に共演する地元アマチュアミュージシャンのレベルの高さには正直驚きました。一バンド正味45分と言う限られた時間の練習で的確に和田さんとのコミニュケーションを計り、楽曲を完成させていくのですから。そのアビリティーの高さには驚くばかりです。

そんな夢の様な時間もアッと言う間に過ぎ、ライブ会場「Bar QUEEN」さんでの設営となりました。やはりライブ慣れしているバンドメンバーの手際良さも有り迅速かつ無事にセッティング終了となり和田さんを囲んでライブ前夜の打上となりました。そこで、チョッとしたサプライズが。その日「Bar QUEEN」さんで、当日ライブをした元ベンチャーズの「ノーキー・エドワーズ」が打上をしていて、和田さんとノーキーの2ショットと言う本当に貴重な写真を撮る事が出来ました。これは歴史的な一瞬ですよ。いやー驚きました。こんな事があるんですね。

061014_2328002

さて、そんなこんなで和田さんを囲んだ打上も和やかに進んでいきましたが、そこで遂に和田さんとお話できる機会を得る事が出来ました。最初はもう感激・感動で思うように喋れませんでしたが、何とか気を取り直し、今までどれだけ和田さんの音楽にお世話になったか、プリズムが好きか、和田さんのギターに影響されたか、を聞いて頂きました。和田さんはニコニコしながら私の話を聴いてくださり、質問にもちゃんと答えて下さいました。また、和田さんの音楽に対する考えや現実と理想のギャップ、体調不良で一時は生死の境を彷徨った事、それ故3ヶ月間全くギターに触れ無かった為ギタリストとしてのアビリティーとエクスプレッションを取り戻すまでの苦労等、驚く話を伺う事ができました。ファンとしてそんな事すら全く知らなかった自分が急に恥ずかしくなるのでした。
最後に、和田さんが1980年にあるアイドル歌手のシングルでギターを弾いた音源を捜していて、その曲名を教えて頂きたいとお願いしたら「忘れたから帰ったら曲名メールで送ってあげるよ」とビックリ仰天するほどのお言葉を頂きました。お言葉に甘えメールアドレスの交換をさせて頂きました。・・・本当に気さくで温和で素晴らしい人柄に益々惚れ直すのでした。

打上げ終了後、和田さんは「明日は宜しく」と一人一人と握手を交わして下さいました。私のところに来ると「メール必ず送るから」・・・もう感涙です。。(勿論、約束どおり後日送信されて来ましたが・・・これだけでも感激なのに・・・ここでまた感動すべき出来事が・・・)

その日はいわきに宿泊となりましたが、まさに夢心地でいわきの夜に溶けていく私でした。

***という事で本番の模様はまた後日に****

それじゃ。また。

|

« <“Akira's Jam”> | トップページ | <“Akira's Jam”の全様・中盤> »

コメント

おおっ・・
まさに手に汗握る感動の嵐だった様子が伝わって来ます・・後半も期待してますよ。(笑)

投稿: elmar35 | 2006/10/20 08:49

ノーキーとのツー・ショットにびっくりですね。
では、本番の模様も心待ちにしています。

投稿: WESING | 2006/10/20 15:12

elmar35さん、そしてWESINGさんへ。コメント感謝致します。

もうあれから5日も経つのに今だ興奮冷めやらず・・・と言ったところです。兎に角、感動・感激・感涙の二日間でした。後半は参加したバンドをもう少し詳しく説明したいと思っています。

私の独りよがり的なライブ・レポートにコメント頂き本当に有難う御座います。

追伸:連名にての返信、失礼しました。

投稿: FUSION | 2006/10/20 19:45

福島か・・・遠いなぁ・・・・・

あ、どうも^^
友人にプリズムのアルバムを貸したけど、中々返ってこなくて困っているでんたです。

特別なコネクションを期待しているというわけでもないけど、
音楽つながりの友人が欲しいものです。

・・・羨ましい・・・・・・

投稿: でんた | 2006/10/20 21:44

でんたさんへ。コメント感謝致します。

今回の一件は、私の友人を通じて実現した事です。ですから、私自身が能動的に実行した結果ではなく、偶然にも素晴らしい音楽仲間がいたからなのです。
正直、私は現在プレイヤーとしては全く活動していません。そんな私を見捨てず声をかけて頂いたかけがえの無い友人に感謝するばかりです。

でんたさんも何か楽器を始められては如何でしょうか・・・差し出がましいかもしれませんが結構はまると思いますよ。でんたさん程の音楽知識と豊富な情報を有しているのですから、もったいない気がします。

追伸:介護実習がんばって下さい。

投稿: FUSION | 2006/10/20 23:06

> 最後に、和田さんが1980年にあるアイドル歌手のシングルでギターを弾いた音源を捜していて、

そう言えば、これって桜田淳子さん?
僕は持ってないけど。

投稿: WESING | 2006/10/20 23:52

こんばんは☆
憧れの和田さんと素敵な時間を過ごすことが出来て本当によかったですね。
読んでいて・・・和田さんってすご~く温かい方ですね。
私も幸せな気持ちにさせていただいてます^^

投稿: まりん | 2006/10/21 02:01

励ましの言葉ありがとうございますm(_ _)m

何か楽器がプレイできれば!!と思うのですが、
んじゃあ、何を演奏したいのだろうと
悩むのですよね。
ギターで気持ちよくキめてみたいと思ったり、サックスでブイブイブローしてみたいと思ったり、トランペットでマイルスを歌ってみたいと思ったり、ピアノで音楽を変幻自在に操ってみたいと思ったり、パーカッションでラテンを熱く当ててみたいと思ったり・・・

投稿: でんた | 2006/10/21 09:51

WESINGさんへ。コメント感謝致します。

流石ですね。その通りです。
和田さんの手前もあり、曲名はあえて伏せますが、深町さん作曲・アレンジです。(多分貴兄なら曲名をご存知だと思います)
調べたら中古市場でシングルは1000円程度で売られていましたが曲名を知らなかったので探せなかったのです。

投稿: FUSION | 2006/10/21 18:29

まりんさんへ。コメント感謝致します。

暖かいコメント有難う御座います。
和田さん・・・実に気さくで実に温和な人柄でした。兄貴みたいな、そんな包容力をも感じました。
長年の夢が叶い、本当に幸せです。

投稿: FUSION | 2006/10/21 18:34

でんたさんへ。返信感謝致します。

楽器の件ですが・・・ずばり、憧れのミュージシャンと同じ楽器を演奏してみては如何でしょう。となるとベノア・・・となるとピアノ(キーボード)でしょうか。しかし、それが自分に合っているかどうかは難しいですね。個人的にはでんたさんは「ドラム」が合っていそうな気がします。何故なら・・・貴兄のブログを読むとリズムに関してのコメントが多々見受けられますから・・・勝手な推測で申訳ありません(汗)

投稿: FUSION | 2006/10/21 18:39

好きなアーティストは結構いるので上手く絞れないな。
ドラムよりかはドラム以外のパーカッションの方が好きかなぁ。コンガとかティンバレスとか。
そうね、ラテンのリズムを打ち出してみたい!
ノリのいいものが好きですから。

・・・でも、リズム感がないです(´・ω・`)

投稿: でんた | 2006/10/21 20:46

FUSIONさま、大変貴重かつお幸せな感動体験おめでとうございます。
このような体験は一生の宝物ですね。
私は渡辺貞夫さんのライブの際、
ずうずうしくも楽屋に侵入して
全部のミュージシャンンのサインと握手を頂いたことが
とても大切な宝物です。
音楽仲間は本当にすばらしいですね。
ライブレポート楽しみにしています。

Fusion最高ですね〜。

P.S.和田さんの人柄に感動しました。
それを引き出したのもFUSIONさんの人徳でしょう。

投稿: bonejive | 2006/10/21 20:54

でんたさんへ。返信感謝致します。

先ずは楽器を鳴らしてみましょう。先ずはそこからです。そして、仲間とバンド組んでみてください。是非。
因みに私はギターを弾きますが・・・音感全く有りません(涙)でも、若い頃はそれでも仲間とバンドやるのが楽しくてしょうがなかったです。

投稿: FUSION | 2006/10/21 22:20

bonejiveさんへ。コメント感謝致します。

本当に貴重で何ものにも代えられない時間でした。やはり尊敬し憧れの人に会うのは感動的でした。長年の想いを和田さん本人に伝えられた事が嬉しく、そして私という存在を少しでも・・・ほんの少しでも認識していただけた事が嬉しくて。

私の独りよがりのレポートにコメント頂いた事、感謝するばかりです。

>Fusion最高ですね〜。

そうですね。最高ですね(嬉)

追伸:ナベサダさんと当時最強のメンバー全員のサインは貴重ですよ!今では絶対ありえないメンバーですよね。

投稿: FUSION | 2006/10/21 22:27

度々の返信ありがとうございます。

仲間ねぇ、音楽仲間はいませんな。
アニメや漫画方面の仲間はいくらでもいますが・・・

・・・まずは、あれか、虎穴になんたらか。
ヤマハの音楽教室でも覘いてみようかなぁ。

投稿: でんた | 2006/10/22 14:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <“Akira's Jam”の全様・前半>:

« <“Akira's Jam”> | トップページ | <“Akira's Jam”の全様・中盤> »