« <ライブ告知・和田アキラ ”Akira’s Jam”> | トップページ | <“Akira's Jam”> »

<Drコトー診療所2006>

今日はチョッと趣向を変えまして・・・・

「Drコトー診療所2006」が始まりました。私、それほどドラマと言ったものを見ないのですが、何故かこの番組には心惹かれます。吉岡秀隆さん演じる五島健助の溢れる人間性と愚直ともいえる優しさが魅力的ですね。また、出演者も非常に適材適所で、その役を実に見事に演じていますね。
あの素晴らしい自然をバックに、愛、絆、友情、命の尊さ、離島医療の現状を盛り込んだ実にスケールの大きい物語となって進行していきます。
これからの展開に不安と期待が・・・。

Koto

そして、このドラマのもう一つの主役が、バックで流れる音楽です。
試聴は・・・こちら

01.COTO
02.Yuuna
03.Stage
04.ふがらっさ
05.Dreamboat
06.彩
07.I Remember When
08.Leading Wire
09.Done
10.On The Street
11.Sunny Place
12.ワーリー
13.2050
14.Kali
15.Form A Mental Picture
16.万象
17.Shige
18.Salad Days
19.Heartwarning
20.Pulsation
21.銀の龍の背に乗って(instrumental)
22.Shikina

吉岡秀隆さんは「北の国から」でもそうですが、彼の役柄をイメージさせる音楽に恵まれた役者さんですね。
このサントラ盤も「五島健助」を強烈にイメージさせてくれます。そこには「北の国から」の「黒板純」の姿は微塵も感じられません。

どの曲を聴いても、ドラマのワンシーンが浮かんできます。特に「01.COTO」は、聴いただけでDrコトーが自転車に乗って往診している姿と、あの優しい笑顔が浮かんできますし、「02.Yuuna」を聴いただけで切なさがこみ上げてきます。実に素朴ですが優しさが満ち溢れた作品です。「03.Stage」は必ずオペのシーンで流れていますね。勇猛果敢で毅然とした力強さと、張り詰めた緊張感が漂います。「04.ふがらっさ」の三線が奏でる音色が志木那島の雰囲気と、なにより「アキおじ」を想い出させます。・・・本当に素晴らしいサウンドトラック・アルバムです。

また、エンディングに流れる中島みゆきさんの「銀の龍の背に乗って」がこのドラマの持つ力強さを歌ってくれていますね。

「まだ飛べない雛鳥みたいに、僕はこの非力を嘆いている」
「明日僕は龍の足元へ崖を登り叫ぶよ“さあ、行こうぜ”」

私自身もこう在りたいと思います。

それじゃ。また。

|

« <ライブ告知・和田アキラ ”Akira’s Jam”> | トップページ | <“Akira's Jam”> »

コメント

こんばんは。
「Dr.コトー診療所」は私も楽しみにしてました。
今までのものは、スペシャルも含めてDVDを全部揃えました。
吉岡さんの演技、特にいつも目の演技に圧倒されます。
音楽も良いですよね。
サントラは聴いてませんが、聴けばきっと色んなシーンが頭に浮かびそうですね。

投稿: kaz-shin | 2006/10/13 01:24

kaz-shinさんへ。早速のコメント感謝致します。

そうでしたか、kaz-shinさんも「Dr.コトー診療所」のファンでしたか。しかもDVD全て揃えているとは、流石ですね。

>特にいつも目の演技に圧倒されます。
仰る通りですね。彼の優しい目、悲しい目、怒りの目・・・直ぐに浮かんできますね。

サントラの件ですが、実に素晴らしいアルバムです。聴いただけで直ぐにあの診療所とあの景色と物語が蘇ります。

投稿: FUSION | 2006/10/13 08:37

こんばんわ。
昨晩1回目観ました。
ブログ友達が、武ちゃんの入学式のシーンでトラで出るらしいので楽しみにしてます。
ちなみに音楽の先生という設定らしのですが・・カットされてたりして。(笑)

・・そうそう、あきおじのスイカはおいしそうでしたね。

投稿: elmar35 | 2006/10/13 20:02

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

>ブログ友達が、武ちゃんの入学式のシーンで・・・
これは面白いですね。私も注意して見ます。また一つ楽しみが増えました(笑)。音楽の先生と言うのが実に良い設定ですね。

>あきおじのスイカはおいしそうでしたね。
そうですね。わらじを履いてあの場所で実際に食べてみたいですね。

投稿: FUSION | 2006/10/13 20:46

一番コメントできそうだったので、こちらにお邪魔しました。(^^)

何話目なのか分からなかったけど、
「Dr.コトー診療所」この間みましたよ。

ただ、今まで全く見たことがなかったので「こういうドラマなんだ~」っていうくらいの、あっさりしたもんですが・・・。

でも、わりと医療系のドラマは見るほうかな。特に、手術シーンがスキなんです♪

普通は、手術シーンはあまり・・・っていう人が多いと思うけど、私もちょっと変わってるんだろうね。
↑「わたしも」っていうのに、大意はございませんので、気になさらないでね。

投稿: きょう | 2006/10/27 00:52

きょうさんへ。コメント感謝致します。

はじめまして。
>手術シーンがスキなんです♪
「Dr.コトー診療所」のオペシーンは結構リアルですよね。特に道具出しの様子や専門用語など結構リアルですね。もしかすると、きょうさんはあのオペ室での緊張感が好きなのでしょうか?でも、あのオペシーンが最も医療の最前線とその緊張感を体感できる場面なのかもしれませんね。

今後も宜しくお付き合い下さい。

投稿: FUSION | 2006/10/27 15:56

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <Drコトー診療所2006>:

« <ライブ告知・和田アキラ ”Akira’s Jam”> | トップページ | <“Akira's Jam”> »