« <和田アキラ、森園勝敏、津垣博通-Special Session> | トップページ | <Miracles~The Holiday Album~> »

2006/12/20

<押入れからローズ・ピアノが・・・>

気が付けばもう今年も残すところ幾日となりました。この時期に欠かせないのが・・・年末の大掃除ですよね。
先日、我が家もご多分に漏れず大掃除をしたのですが、押入れの何やら見覚えの無いダンボール箱が・・・恐る恐る中をあけて見ますと・・・漫画の単行本がぎっしり。こち亀、ハロー・メカドック、あられちゃん、恐怖新聞・・・もう大掃除どころではありません。大掃除を一旦中止して読書タイムに突入です。いやー懐かしい、しかも久々に読むとこれがまた新鮮!時間を忘れてむさぼり読んでいると・・・ちゃんとやってる?・・・と、妻の声。しまった・・・とにかくこれを始末せねば、とダンボールから全ての単行本を取り出したら、何やら底の方に見慣れない雑誌類が。よく観ると ・・・・フェンダー・ローズピアノのカタログではありませんか・・・いや、それどころかフェンダー・アンプ、YAMAHA、グレコ、アリア、オベーション、タカミネ、マクソン・・・ざっと30冊近いカタログが出てきました。(という訳で、タイトルにある押入れから出てきたローズ・ピアノは・・・タダのカタログだったと言うオチでした)

Frp1_1 イヤー懐かしい。多分高校生時代?(今から20数年前)に地元の楽器屋さんから頂戴してきたものです。しかし・・・フェンダー・ローズピアノのカタログだけは何故持っているのか全く持って謎。私、キーボードとは無縁の人物(要するに全く弾けない)です。何故に是がここにあるのか?多分、FUSIONサウンドには無くては成らない楽器の一つとしてその重要性だけは認識していた様ですね。

フェンダー・ローズ・・・この楽器は不思議ですよね。エレピなのですが、このフェンダー・ローズだけは「ローズ・ピアノ」もしくは「ローズ」と確固たるネーミングで多くのミュージシャンに親しまれています。1985年に生産打ち切りになった様ですが、今だにその音色は多くのミュージシャンを虜にしています。その証拠に現在のシンセにプリセットされたエレピ音源はこのフェンダー・ローズを模して造られているとか。

Frp2 私がフェンダー・ローズと言って真っ先に思い起こすのは「ジョー・サンプル」なのです。確かにリチャード・ティー、ハービー・ハンコック、チック・コリア、ジョージ・デューク、ジョー・ザビヌル、ボブ・ジェームス、デオダート・・・それぞれがこのフェンダー・ローズで名演を残しています。しかし、サンプルが奏でるフェンダー・ローズの音色を最大限に活かした、しなやかなタッチで透明感のある甘く繊細なフレーズは特に私の心に響きました。そんな彼の代表作「RAINBOW SEEKER」はフェンダー・ローズの持つ魅力を余すところ無く発揮した名盤です。とにかく美しい楽曲と美しいフェンダー・ローズの響きは絶品です。曲良し、サウンド良し、演奏良し・・・名盤と呼ぶに相応しい作品です。

ただ・・・ローズ・ピアノの事など全くを知らない方にその音を教える時はビートルズの「ゲットバック」でBilly Prestonが弾くソロが一番かもしれませんね。多分皆さん一度は聴いた事があるでしょうから。

さて、ローズ・ピアノですが、結構ラインナップが豊富だったのですね。このカタログでは「スーツケース・ピアノ 54key、73key、88key」「ステージ・ピアノ 73key、88key」そして「ピアノ・ベース 32key」と言う見たことの無い機種もありますね。これには正直ビックリしました。私は2種類位しか無いだろうと思い込んでしましたから(無知とは恥ずかしいものですね・・・汗)。これから音楽を聴く時には、その音域に気を使って聴いてみたいと思います・・・って、それで54key、73key、88keyの聴き分けが出来るほどの耳を持っていないことに今気付きました(爆笑)。
Frp3 Frp4

Frp5 Frp6

実際に昔は私もライヴ等でこのローズに接する機会は多分にあった筈ですが、正直、殆ど興味を示す事は有りませんでした。しかし、皮肉な事に楽器を演奏しなくなり、純粋な意味でリスナーとして音楽に接した時、この楽器の良さを改めて認識した次第です。

フュージョンシーンのサウンドを彩ってきたこのフェンダー・ローズピアノ。是からもこの楽器の持つ味わい深い響きが忘れられる事は無いでしょう。

さて、これからもう一度「ジョー・サンプル」のアルバムを聴きます。

皆さんの「フェンダー・ローズピアノを堪能できる一曲」を是非教えてください。

それじゃ。また。

|

« <和田アキラ、森園勝敏、津垣博通-Special Session> | トップページ | <Miracles~The Holiday Album~> »

コメント

ローズによる名曲は死ぬほどありますが、私の場合真っ先に脳裏を掠めるのはStuffのMySweetnessです。
・・という訳で、今聴いてます・・ローズ、いいっすね。(笑)

投稿: elmar35 | 2006/12/20 23:39

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

リチャード・ティーですか・・・やはりそうですよね(笑)特にMy Sweetness(いとしの貴女)は外せない一曲ですよね。特にあのイントロと、独特の弾むようなスウィング感が素晴らしいですね。今聴いていますが・・・名曲・名演ですね。

投稿: FUSION | 2006/12/21 00:03

こんばんは。
ジョー・サンプルのを聴いてられるんですね~♪
「渚にて」もよく聴きました。
デオダードのエレピもとても好きです。

ところで、アラレちゃんはどなたの本なのでしょう?^^

投稿: まりん | 2006/12/21 23:27

まりんさんへ。コメント感謝致します。

「RAINBOW SEEKER」と「渚にて」私も大好きです。この2枚はやはりまりんさんにとっては外せないアルバムですよね。本当に名盤だと思います。特に「RAINBOW SEEKER」はまりんさんのブログにもよく登場しますネ。

>ところで、アラレちゃんはどなたの本なのでしょう?^^
・・・私のです(苦笑)高校生の時買いました(恥)

投稿: FUSION | 2006/12/22 00:49

こんちは です。
・・・・そんな大御所たちがご愛用のRhodes。
機材フェチのワタクシ、実はスーツケース73keyを3千円でGETしたことがあります。(本物っす)

近所のリサイクル屋が、「電子ピアノ」 つーて惜しげなく
売っとったので・・・。なんて罰当たりな店。

鼻血が出るほど興奮して家に持ち帰り、弾いてはみたものの、
そうそう簡単に詠ってくれるような楽器ではありません。
思い余ってそいつを元手に、楽器屋へ・・・。

そしてごっつえぇ買い物させて頂いたことは言うまでもありません。

ほんとの罰当たりは間違いなくワタクシです。

投稿: リタルダンド矢作 | 2006/12/22 18:00

リタルダンド矢作さんへ。コメント感謝致します。

>スーツケース73keyを3千円でGETしたことがあります。(本物っす)
凄い値段ですね。CD一枚と同じ金額とは(笑)
電子ピアノ(爆笑)・・・確かにピアノはピアノですが、何だかレトロな感じで個人的には好きな響きです。でも電子オルガンと表記されて無かった事がせめてもの救いでしょうか。

いったいいくらで買取られたのか気になるところですネ。

投稿: FUSION | 2006/12/22 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140273/13139384

この記事へのトラックバック一覧です: <押入れからローズ・ピアノが・・・>:

« <和田アキラ、森園勝敏、津垣博通-Special Session> | トップページ | <Miracles~The Holiday Album~> »