« <Vinnie Colaiuta(ヴィニー・カリウタ)> 検体番号72  | トップページ | <押入れからローズ・ピアノが・・・> »

2006/12/12

<和田アキラ、森園勝敏、津垣博通-Special Session>

先日(12/10)、宮城県石巻市(いしのまきし)と言うところにあるライブ・ハウス「La Strada」で開催された「Special Session」というライブを見にプチ遠征してきました。実はこのライブ・・・ 和田アキラさん、森園勝敏さん、津垣博通さん ・・・という、なかなか地方では見ることの出来ないメンバーによるセッションでした。

今回は知人もいなかった為、事前に撮影の許可を頂かなかったのでライブの模様を写真で伝えられなくて残念です。文面から連想して下さいネ。

さて、そのライヴ内容はと言うと・・・これが懐かしの名曲が次から次と繰り出されます。私の様なオヤジ世代にはたまらないナンバーが・・・それも和田さんと森園さんのツイン・ギターで聴けたのですから大満足でした。気になるその曲はと言えば

You Know What I Mean(分かってくれるかい)、Goodbye Pork Pie Hat 、Led Boots 、Cause We've Ended As Lovers (悲しみの恋人達)、White Room 、哀愁のヨーロッパ 、君に捧げるサンバ・・・など等、・・・どうです?聴いてみたくなるでしょう(笑)

特にYou Know What I MeanとCause We've Ended As Lovers のイントロが流れた途端、もう鳥肌と感涙状態の私でした。
流石に“リッスン&プレイ!”シリーズを発表している二人だけあって今ギター・プレイ実に素晴らしいの一言!完全に本家をも上回らんばかりの熱く鋭い演奏と、何より二人が楽しんでプレイしているのが伝わってきました。リズム隊は地元の凄腕ミュージシャンを従えてになりましたが、流石にこの方々と共演するだけあって実にタイトで纏りのよい優れた方々でした。本当に感心してしまいますね。

今回はプリズムのナンバーを殆ど演奏しませんでしたが、そんな中、「Out of Blue」と「Lady Violetta」を演奏していました。これには参りました。まさかこの二曲を、しかも和田さと森園さんがほんの数メートル先で二人並んで演奏しているのですから・・・この2曲を聴けただけでも今回のライブを見る価値は充分にありましたね。特に森園さんが四人囃子時代に残した「Lady Violetta」は本当に名曲ですね。

ライブは前半と後半に分かれていまして、その間チョッとした休憩があったのですが、この時に何と・・・和田さんが私に話し掛けてきて下さいました!!!感激!感激!ひたすら感激!以前にコメントしましたがやはり和田さんの気さくで温和な人柄をまたもや実感するのでした。
隣の椅子に座り、しばし雑談させて頂きました。
この時、以前から疑問に思っていた事をアレコレ聞いたのですが、その内容は・・・ここではチョッと・・・と言う事で割愛させていただきます(笑)何時か機会がありましたらその時に。

さて、そんな休憩を挟んでライブの後半に突入したのですが、その終盤は大セッション大会となりました。地元のミュージシャン何名かが飛び入り参加しジャムになったのですが、ここで、また何と・・・和田さんが私を指して「ステージに上がって弾け」と言うお誘いが・・・ええええええ!・・・かかかか勘弁して下さい。出来るわけ無いじゃないですか(汗)必死に断りましたよ。これってビートたけしさんが「おれの前でコントやってみろ」と言っているようなものですよ(なんて例えだ)。そんな大それた事、今や一リスナーとなった私に出来るわけありませんよ・・・と言いながら本当は凄く迷ったんですよね(笑)でも、和田さんがステージ上から私に、しかも直に声を掛けてくれたと言うだけで幸せです。でも、和田さんの好意を無にした事は後悔するばかりです・・・和田さん、ごめんなさい(汗)。(あと100年後にまた誘って下さい。それまでしっかりと練習しておきます。)

さて、このセッション大会ですが、実に面白かったですよ。和田さんと森園さんのプレイスタイルは違えど、実にブルージーでハートフルなフレージングにやはり共通する何かを実感するのでした。
ここで面白かったのは津垣博通さんのパフォーマンス・・・最初は大人しくキーボードを参加者に譲っていたのですが、途中何処からかピアニカを取り出して実に渋いソロを披露していました・・・が、それだけに在らず、背中に隠し持っていたリコーダーを取り出したかと思えば実に前衛的なソロを奏でていました。この方、きっちりとこの流れを読んで仕込んでいたようです(笑)確信犯ですね(爆笑)これには和田さん、森園さんも大爆笑でした。二人ともこの事は全く知らされていなかった様です。でも、こんなパフォーマンスの一つがお客さんを楽しませようとするプロの心使いなんですよね。実際、素人さんとセッションする場合、どうしても(素人さんが)自己満足的に陥ってしまいそうですが、こんな些細な演出が観客を引き付ける重要な役割を果しているんだと感じました。

そんなこんなで実に興味深く、そして楽しいライブが終了しました。いや、本当に楽しかったですよ。
実に個人的に嬉しいハプニングも多々あり、一生忘れられないライブになりました。

P2 終了後、和田さんにお疲れ様のご挨拶と・・・御多分に漏れづ図々しくもサインを強請りに行きました。今回は和田さんと森園さんが共演と言う事で、持参したアルバムはPRISM JAM」です。和田さんが快く応じて下さりサインした後、自ら森園さんにそれを渡し「サインしてあげて」と言って下さいました。またもや感激!森園さんも「懐かしいなー」と言って快くサインをして下さりました。そして、私は「今日はここでLady Violettaが聴けるとは思っていませんでした。感激です。本当に有難う御座いました。」とお礼を言うと、それまでチョッとナイーブな森園さんの表情が実に優しい目になり「ホント?、ありがとう」と微笑んでいました。この表情が実に素敵でした。
そしてお二人と握手をしてその場を後にしました。津垣博通さんにもご挨拶をと探したら他の方々と談笑しいてご挨拶できませんでした・・・心残りでした。この場をかりて・・・本当に有難うございました。

帰りの道すがらカーステレオからは先程サインして頂いた「PRISM JAM」が大音量でずっと流れていました。
そんなこんなで・・・さて、いよいよ楽しみになってきましたよ・・・12/29仙台市での「PRISM LIVE」が ・・・

P1

|

« <Vinnie Colaiuta(ヴィニー・カリウタ)> 検体番号72  | トップページ | <押入れからローズ・ピアノが・・・> »

コメント

よかったですね・・和田さんと遂にマブですか!(笑)
ライヴハウスはこちら関西では廃れ気味なんで、ちょっと寂しい限りです。
年末の和田さんの神戸のライヴもすっごく辺鄙なところでやるので行けません。(涙)

投稿: elmar35 | 2006/12/12 20:18

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

>・・和田さんと遂にマブですか!(笑)
多分、いや完全に誤解だと思います(笑)。皆さんに同じように接していましたから。正直、和田さんがファンの一人として私に気お使ってくださったのだと思っています。でも、その気使いもファンにとってはたまらない魅力なんですよね。ギターと同じくらい。今回、直に接してそう感じました。

多分、和田さんとelmar35さんがアラン先生の話をしたら凄い事になりそうですネ。

投稿: FUSION | 2006/12/12 21:05

地元でライブがたくさんあるのは良いですね。
この前、和田さんに「僕の地元はいつも飛ばされちゃうんですよ」と、言いましたが、どうも僕の地元には適当な箱がないみたいです。

投稿: WESING | 2006/12/12 22:45

WESINGさんへ。コメント感謝致します。

確かにライヴ・・・それもフュージョン系を見れるところは私の住んでいる所にもあまりありませんよ。あったとしても中々情報を得るのに苦労しますよね。見つけたとしても既に終っていたり・・・心中お察しします。

そういえば・・・和田さんに「松岡さんのライブでOUT&ABOUTにサインしませんでしたか?」と聞いたら「したよ」と言っていました・・・そんな話も休憩中にしていたのです。こんなところでWESINGさんの話を和田さんとするとは思っても見ませんでした(笑)

投稿: FUSION | 2006/12/12 23:04

そんなこと聞いたんですね。
僕も「アマチュアとのライブで、…」と、聞こうと思ったんですけど、時間がなくて聞けませんでした。(笑)

投稿: WESING | 2006/12/14 00:12

おはようございます。
コメントはご無沙汰しております。
覗かせていただいているのですが、名前を
聞いたことがあるというくらいの知り方だったりで、書けませんでした(笑)
ジョン・パティトゥッチ-さんのCD、すごく聴いてみたいです。
私はベースの音が生理的にとても好きで、
エレキ、アコースティックどちらも凄腕で
いらして、クラシックとの融合というのも
いいですよね。興味津々!

投稿: まりん | 2006/12/15 10:23

まりんさんへ。コメント感謝致します。

ジョン・パティトゥッチのアルバム「Heart Of The Bass」は正直、彼の表現手段の一つとしてみた場合、いろんな意味で突出した作品かもしれません。それ故、評価が分かれるかもしれませんが私的には大好きな作品です。まりんさんはクラシックをきっちり通ってきたようですので超お奨めです。是非!

投稿: FUSION | 2006/12/15 18:35

いやー、実に羨ましいですね!!
日本のギター界ではやっぱり外せない二人です。
昔、グレコだったか和田アキラがただギターをぐねぐね弾くCMありましたよね?
妙印象的で今でも脳裏に焼き付いてるんですが・・・
私、TVCMづくりも仕事なんですが、あんなのを今やってみたいです。

投稿: groove | 2006/12/15 20:09

はじめまして!
ちょっとよらせてもらったつもりでしたが、
大変充実したサイトなので、すっかり、読み込んじゃいました。

私も先日、ブログを立ち上げたばかりなんです。
ですので、すごく参考になりました。
また寄らせてもらいます。
よかったら私のブログにも遊びに来てもらえたらうれしいです。

投稿: 織枝 | 2006/12/15 21:49

織枝さんへ。コメント感謝致します。

お立寄り下さり有難う御座います。
是からも応援宜しくお願い致します。

投稿: FUSION | 2006/12/15 23:02

grooveさんへ。コメント感謝致します。

えええええ!grooveさんてCM作製の仕事をしているのですか。クリエイティブな職業ですよね。密かに憧れていたりします。

和田さんのCMですが知らないんですよ(汗)
私の田舎では放映されていませんでした。強烈に見たいですね・・・お願いです・・・和田さんを起用してgrooveさんがそんな作品を創って下さい。約束ですよ(笑)

投稿: FUSION | 2006/12/15 23:08

久しぶりのコメントでござんす。

著名な方と知り合いだということは非常に羨ましい限りで。
ましてステージに誘われるなんて、とてつもなくすんごいことでは!?

近年ぽつぽつとライヴに行っていますが、日本のアーティストのライヴに行ったことがないことに今気付いてみたりで。

リンク先のスケジュールを見てみますと、東京、神奈川の公演があるので、席が空いていれば行ってみたいな。

投稿: でんた | 2006/12/18 20:38

でんたさんへ。コメント感謝致します。

>著名な方と知り合いだということは非常に羨ましい限りで。
知り合いとはまだまだ程遠いです。でも、憧れの・・・しかも私がFUSIONにのめり込む切欠を作ってくれた大切なその人と少しでも接点があると言うだけで幸せです。

>リンク先のスケジュールを見てみますと、東京、神奈川の公演があるので・・・
出来ればプリズムのライヴを強くお奨めいたします。是非!

投稿: FUSION | 2006/12/18 21:45

FUSION さんこんにちは♪
あらためて過去記事を読み返していたんです
が、あろうことかこのライブレポートは未読で
した!それにしても和田さんから呼ばれたって
凄いですね!
私も先日ソロライブの記事をアップしたんです
けど、それがあまりにも陳腐でお恥ずかしい。。
FUSION さんのこの記事を先に読んでたらブログ
書いてなかったと思います(^_^;)
石巻でのライブ、ものすごく臨場感が伝わってきますね♪♪そしてFUSION さんの想いも(*^O^*)
こんど和田さんのライブ行ったらFUSION さんの話題を出しますね(*´∀`)♪


投稿: Cleartone | 2015/03/18 11:29

Cleartoneさんへ。コメント感謝致します。

和田アキラさんですが、その後何度かご一緒させて頂く機会がありましたが本当に気さくで、、、一言でいうと「アニキ」みたいな方です。また、東日本大震災の時もいち早く安否を気遣うメールを頂いたり等、人間的にも素晴らしい方です。Cleartoneさんも今度和田さんに会ったら是非とももっとお話ししてみてください。(という私は、、、、本人を前にすると今でも緊張で震えるんですけど、、、ネ)

投稿: FUSION | 2015/03/19 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140273/13043865

この記事へのトラックバック一覧です: <和田アキラ、森園勝敏、津垣博通-Special Session>:

« <Vinnie Colaiuta(ヴィニー・カリウタ)> 検体番号72  | トップページ | <押入れからローズ・ピアノが・・・> »