« <FINGER DANCIN' (フィンガー・ダンシン> 検体番号76  | トップページ | <気になるコマーシャル> »

<不可思議なCD>

CDをレヴューする時、当然ですが下調べとして情報収集します。個人(私)の知識だけでは心許無いですし、何より正確な情報や実しやかな裏話等を見聞していると自己啓発にもなります。また、そこから繋がる関連作品などもジャンルに囚われず幅広い見解が出来、実に楽しい時間を過ごす事が出来ます。インターネットとは如何に便利で有難いものかと実感します。

そんな中、如何しても解らない事も勿論あります。それは、それ程感心を集める事も無いのが最大の要因でしょう。今回紹介する作品も検索では見事にヒットしませんでした。

そこで、今回はいつもと趣向を代えて、広く皆さんにお尋ねいたします。

このCDの詳細を教えて下さい。

Ninikore1

題名は・・・

THE CRUSADERS & BOB JAMES

余りにも直球過ぎるタイトル・・・というか「そのまんま」・・・ですね(苦笑)

そして、サブタイトル?は・・・

イージー・リスニング・パーフェクト16

・・・返す言葉が御座いません(汗)。それと「パーフェクト」と言う文字が泣かせます(涙)

今回紹介する作品は全くと言ってよいほどその素性がわかりません。それ以上に、こんなCD発売されていた事すら一般的には全く知られていないのではないかと・・・多分(汗)。写真を御覧頂いてもお解かりのようにホーム・センターや※○△#の売店で売られていた様な感じの雰囲気を醸し出しています。
通常のCDショップに是が並ぶ姿はシュール過ぎますよね(笑)

そして気になる中身とは・・・

01.Free As The Wind (FREE AS THE WIND)
02.TREASURE ISLAND (BJ 4)
03.CHAIN REACTION (CHAIN REACTION)
04.NIGHTS ARE FOREVER WITHOUT YOU (BJ 4)
05.I FEEL THE LOVE (CHAIN REACTION)
06.SOULERO (ONE)
07.River Rat (FREE AS THE WIND)
08.IN THE GARDEN (ONE)
09.SUGAR CANE (CHAIN REACTION)
10.NIGHT ON BALD MOUNTAIN (ONE)
11.MELLOW OUT (CHAIN REACTION)
12.EL VERANO (BJ 4)
13.I FELT THE LOVE (CHAIN REACTION)
14.FEEL LIKE MAKING LOVE (ONE)
15.Nite Crawler (FREE AS THE WIND)
16.PURE IMAGINATION (BJ 4)

結構凄いと思いませんか?。何しろクルセイダーズの「FREE AS THE WIND」「CHAIN REACTION」と、ボブ・ジェームスの「ONE」「BJ 4」の四枚のアルバムからのみセレクトしたこの潔さ・・・天晴れです。マニア好みの渋い作品からのチョイスですね。ワクワクさせられます(笑)

そしてこのアルバムの最大の見せ場が・・・奇数トラックはクルセイダーズ・ナンバー、偶数トラックがボブ・ジェームスとなっています。もう、平伏すしか御座いません。

でも、実際に聴いていると是が実に見事!絶妙の配置です。聴いていて飽きないんですよネ。「FREE AS THE WIND」「CHAIN REACTION」は所有していますが「ONE」はカセット(しかもLPからダビング)でしか持っていませんでした。「BJ 4」に至っては聴いた事がないと言う有様です(恥)。しかし、こうやって実際にこのアルバムをミックスして聴くと1970年代の匂いを強烈に感じられる「一つの作品」として充分に成り立つ程のCDだと思うのですが?何より、一曲ごとにボブ・ジェームスとジョー・サンプルのプレイが聴けるんですから嬉しさ倍増ですネ(笑)
しかし、不思議な事にこの二つのミュージシャン(グループ)はサウンド的にはかなり異質ですが、それが一枚のCDとして形になった時、確かにバラエティー豊かなサウンドではあるのですが、理路整然とした統一感があります。これにはチョッとビックリです。

さて、このアルバムを世に出したレコード会社は・・・ARC・・・ARCレコード?本当に?私の知っているARCレコードはアース・ウインド&ファイアのモーリス・ホワイトが設立したと言う位ですが、CDの盤面にも「MANUFACTURED BY ARC CO.LTD」の文字が。う~ん・・・本当なのだろうか?

さて、私が何故にこのCDに拘るかと申しますと、この他にもこのシリーズが有るのか無いのかが非常に気になるからなのです。例えば「ハービー・ハンコック&チック・コリア」とか「スタッフ&ウェザー・リポート」はたまた「ハーブ・アルパート&フューバート・ロウズ」とか「トム・スッコット&ブッレッカー・ブラザース」とか・・・もしもそんな組み合わせがあったら凄いと思いませんか?勿論、あくまでも願望ですけれど。

最後に、このCDはとある中古店で100円で買ったのですが・・・本来の値段は如何程なのでしょうか?

実に疑問だらけの不可思議な一枚です。

何卒宜しく御教授下さい。

|

« <FINGER DANCIN' (フィンガー・ダンシン> 検体番号76  | トップページ | <気になるコマーシャル> »

コメント

こんばんは。ご無沙汰しております。
紹介されたCDに関しての情報では無いのですが、ARCという会社名だったので見過ごせずコメントさせて頂きます。

この会社が企画したコンピ・アルバムを何枚か持っています。
全て中古店で格安で購入したものですが、この会社のコンピの選曲は確かにバラエティーの富んでいて面白いものが多いですね。
おそらくホーム・センターや駅の出店なんかで売られているのが主流じゃないでしょうか。一応定価はどれも2500円位になってますが、実売は1000円前後だと思います。

洋楽・FUSION系のコンピの企画が多いみたいですね。
私の所有している『DRIVING MUSIC - 黄昏ゆく瞬間 -』というアルバムは、アール・クルー、マントラ、ジョージ・ベンソン、クルセイダーズ、ボブ・ジェームス、リー・リトナーという凄い面子の曲を集めてます。
今度FUSIONさんとの連動企画という事でARCのアルバムを紹介しましょうか?(笑)
それにしてもARCのコンパイラーは結構センス良いと思いますね。

投稿: kaz-shin | 2007/03/03 01:20

連続のコメント失礼します。
今、確認したら↑のコメントに書いたコンピ・アルバム(ARCモノ)を紹介した
記事がありました(すっかり忘れてました・・・汗)。
TBさせて頂きました。面白い選曲ですよ。

投稿: kaz-shin | 2007/03/03 02:02

kaz-shinさんへ。コメント感謝致します。

そうですか!やはり有りましたか、関連商品?が(笑)
『DRIVING MUSIC - 黄昏ゆく瞬間 -』・・・実に素晴らしいミュージシャンの数々。
>ARCのコンパイラーは結構センス良いと思いますね
仰るように中々ツボを刺激する選曲ですよネ

最後になりましたが情報&TB感謝致します。

投稿: FUSION | 2007/03/03 19:56

こんばんは。
これすごいですね。
FUSIONさまの空想企画があれば即買ですね。
私はそっちが欲しくて仕方なくなってしまいました。
FUSIONレーベルを設立して実現できたら最高ですね。

投稿: bonejive | 2007/03/08 23:24

bonejiveさんへ。コメント感謝致します。

>空想企画があれば即買ですね。
実は「スタッフ&ウェザー・リポート」は自分でマイ・ベストを作って楽しんでいたりします(笑)。それに結構満足してしまい、「こんなのが製品として発売されたらな~」なんて思ってしまいました(恥)

>FUSIONレーベルを設立して実現できたら最高ですね。
そうですね!!!大賛成!!!

投稿: FUSION | 2007/03/09 19:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <不可思議なCD>:

» DRIVING MUSIC - 黄昏ゆく瞬間 - [Music Avenue]
BOOK OFFの250円のコーナーでは、本当に面白いものが発掘できますね。その面白さだけに惹かれて購入する場合も多いです。そんな中でも、ARCという会社が出しているコンピを何枚か持っているのですが、アルバム・タイトルと選曲に脈絡があるような、無いようなという微妙なものがあります。 今回は、そんな250円アルバムを紹介します。 多分、駅構内でワゴンで売ってる類のCDだとは思うのですが、定価は一応2,400円になっています(笑) コンパイラーの意図するものが何か、おわかりになりますか?私なら... [続きを読む]

受信: 2007/03/03 01:59

« <FINGER DANCIN' (フィンガー・ダンシン> 検体番号76  | トップページ | <気になるコマーシャル> »