« <DRIVIN'(ドライヴィン)> 検体番号84 | トップページ | STUDIO CAT(スタジオ・キャット)が再発されます! »

「1500円です」・・え!今、何と!

「1500円です」・・え!今、何と!・・「1500円です!!!」・・・ええええ!!!!

耳と目を疑いましたよ。

実は、探しに探していたアルバムが、確かに「1500円」で発売されました。しかも、日本初CD化という本当に信じられないような出来事が!!!
(この企画は、私がよくお邪魔するブログ 「Walking de Music」のayukiさん より情報頂きました。改めて感謝致します。)

そのアルバムとは・・・

STEPS AHEAD(ステップス・アヘッド)
MAGNETIC(マグネティック)

です(嬉々)。

Gdvnh_2

このアルバムは今回、ワーナー・レコード「FUSION MASTERPIECE 1500(フュージョン・マスターピース 1500)」と題して、「フュージョン全盛の1970年代~80年代に発表されたベスト・セラー30タイトルを1500円で2ヶ月にわたり一挙にリリース。」という、ファンにとっては嬉しい企画により遂に実現されたものです。しかも「最新24ビット・デジタル・リマスタリング」・・・既に持っているCDでも買い直したくなるような衝動に駆られてしまいますネ(笑)。また監修も、私の尊敬するフュージョン・御意見番こと「熊谷美広さん」です。期待を外す事の無い実に素晴らしいチョイスですね。

3

(第1弾が2007.6.27発売、第2段が2007.7.25発売となっておりました。)

さて、この「MAGNETIC」なるアルバム、実に素晴らしいミュージシャンが参加した1986年の作品です。そのミュージシャンの面々はと言えば・・・

マイク・マイニエリ(vib,key) マイケル・ブレッカー(sax) ピーター・アースキン(ds) ハイラム・ブロック(g) ヴィクター・ヴェイリー(b) ウォーレン・バーンハート(p,synth) チャック・ローブ(g) ダイアン・リーヴス(vo)

如何でしょうか。このメンバーを見ただけでも、もう既に音が聴こえてきそうですね(笑)。

Wqcjy1このアルバムを知った切欠は、もはや今更にして説明不要の名盤「STEPS AHEAD LIVE IN TOKYO 1986」を聴いた事により(勿論、このバンドは香津美さん絡で以前から知っていましたが・・・)、「このバンドをもっと聴きたい!」という想いが強くなり調べたところ、その中の数曲が今回の「MAGNETIC(マグネティック)」に収録された事によって、その存在を知ったのでした・・・が・・・しかし、このアルバム、日本では発売されていないと知らされました。

また、以前にも紹介しました「熊谷美広さん」が企画・監修された「Disc Guide Series 01 FUSION(ディスク・ガイド シリーズ01 フュージョン)」にもそのアルバムが紹介されていまして「マイニエリ-ブレッカーによるハードエッジなフュージョン・ミュージックの集大成のようなサウンドが展開されている・・・(熊谷美広さん著書)」と言うコメントに刺激され、遂には、これまた以前紹介しました「Nothing but FUSION(ナッシン・バット・フュージョン)」に「TRAINS」がポツンと一曲だけ「どうだい!聴きたいだろう!仕方ないな・・・少しだけ聴かせてやるよ!」と言わんばかりに収録されていました。聴きたい思いが募るばかりでしたが、この度、めでたく我が家にお目見えする事となったのでした(嬉)。

さて、肝心の音楽はと言うと・・・まだ聴いていないのですよ(笑)。これからじっくりと拝聴させて頂きます。兎にも角にも嬉しくて、ついコメントしちゃいました。いつかレヴューしたいと思います(こればっかりですが・・・相当に聴き込まないとレヴュー出来ない性分なもので・・・汗)。先ずは真面目に100回位、繰り返し聴いてみますネ。

それじゃ。また。

追伸:ワーナー様、ここで一つお願いがあります。海外ミュージシャンのアルバムが素晴らしいのは勿論、私も充分過ぎるほどに解ります。しかし、国内のミュージシャンのアルバムも何とかまた再発・再販して頂けないでしょうか。ワーナー様は「日本のフュージョン・シーン」においても素晴らしいアルバムを数多く世に送り込んでいたではありませんか。是を機会に、もう一度お考え下さい。何卒宜しくお願い致します。

|

« <DRIVIN'(ドライヴィン)> 検体番号84 | トップページ | STUDIO CAT(スタジオ・キャット)が再発されます! »

コメント

1500円だとちょっと買ってみようかなという気になりますよね。
この1500円のシリーズに関してはアドリブ誌などで知っていたんですけど、洋楽フュージョンですから僕の興味外(とも言えないところがあるけど)なんですよね。
リトナーとかカールトンの初期のアルバムで僕が持ってるのは、まだ日本盤が出ていない頃の輸入盤なので、買いたい気はあるけど買えないです。

雑誌で見た時、「サンプラー盤プレゼント」と書いてあったので、これが欲しいと思ったら、買わないと応募できないんですね。(苦笑)

投稿: WESING | 2007/07/31 17:47

WESINGさんへ。コメント感謝致します。

1500円と言う値段は非常にリーズナブルですよネ。中古品を見ても殆どが1000円~1700円位に設定されている事を思えば、やはりこちらに軍配が上がりますね。幸いにも今回のシリーズの殆どは既に手にしているのですが「最新24ビット・デジタル・リマスタリング」という文句が気になりますネ(笑)
そう言えば以前にソニーでもJAZZ1500円シリーズが話題になりましたし、つい最近だとユニバーサル1100円シリーズなど昔の作品が安価で手に入るのは嬉しい反面、ミュージシャンや作曲者に対するロイヤリティーはどうなっているのか興味と心配が・・・。

「サンプラー盤プレゼント」の件ですが、私も応募してみようかと思っています(笑)

投稿: FUSION | 2007/07/31 19:28

こんばんは。
この件はけっこうファンの間で盛り上がっていますね。
私は先輩のレコードを借りてテープに落として聴いていました。
日本のバンドとは明らかに違うテーマからしてかっこいいと思いました。
もちろんブレッカー、マイニエリのプレイは言うまでもなくすばらしいですね。
去年Live in Tokyoを取り上げたときCDを探して
廃盤になっていることを知りがっかりしていましたが
このニュースはうれしいです。
きっかけがブレッカーの死と言うのは悲しいですが、、、

投稿: bonejive | 2007/07/31 22:29

bonejiveさんへ。コメント感謝致します。

>私は先輩のレコードを借りてテープに落として聴いていました。
そうですか!リアルタイムでこのアルバムを聴かれていたのですね。羨ましい限りです。
本当に今回の発売は嬉しいです。多分聴けないだろうと完全に諦めかけていましたから。そういう意味で、マイク・マイニエリとマイケル・ブレッカー繋がりでいうと「ホワイト・エレファントVol1&2」が発表され手にした時以来の感動です。

ただ、・・・仰る様にこのアルバムから聴こえてくるエネルギッシュなマイケル・ブレッカーのサウンドを聴く度、彼がもうこの世にいない事が信じられません・・・。

投稿: FUSION | 2007/07/31 23:01

お邪魔いたします。
私のブログをご紹介していただきありがとうございます。
実は先日久しぶりにCDショップに行って、この作品を目にして・・・他に買いたい作品と悩みに悩んで・・・次回送りにしてしまいました・・・。気にはなっていただけに、結構後悔していたのですが、FUSIONさんの記事を読んで更に後悔しています・・・。

投稿: ayuki | 2007/08/04 00:23

ayukiさんへ。コメント感謝致します。

こちらこそ今回の情報を頂いたこと、再度お礼申し上げます。お陰様で念願のCDを手にすることが出来ました。
今回は限定販売のため、また入手困難になるのかな?と思い、焦って予約購入した次第です。ayukiさんも是非!

>他に買いたい作品と悩みに悩んで・・・次回送りにしてしまいました・・・
悩んだ作品が何なのか、凄く気になります。(笑)

投稿: FUSION | 2007/08/04 19:48

私からもワーナーさんに お願いしたいと思います!! 70~80年代の国内版は私は学生で、お金もなく田舎で あまり情報もなかったので かなり聞き逃していると思います・・・ 絶対買いますから! 1500円だったら・・・


投稿: sino | 2007/08/13 22:43

sinoさんへ。コメント感謝致します。

はじめまして!
ご賛同頂き嬉しいです。私もsinoさんと同じく聴きたくても聴けない時代がありました。ですから、聴き逃したアルバムが沢山有り、いまだに当時の音源(CD)を探しているのです。やはり手軽に、しかも安価で貴重な作品が聴ける事は嬉しいですよネ。
是からも宜しくお付合い下さい。

投稿: FUSION | 2007/08/13 22:58

残暑お見舞い申し上げます。
ブログを再開することが出来ました^^
アドレスの変更をお願いします。

投稿: よっこ | 2007/08/14 18:34

よっこさんへ。コメント感謝致します。

残暑お見舞い申し上げます。本当に暑い日が続きますね。
ブログ復活おめでとう御座います。
今後も宜しくお付合い下さい。

投稿: FUSION | 2007/08/15 18:08

FUSIONさんこんにちは。お邪魔します、猫ケーキと申します。はじめまして。

マグネティックはリリース当時に聞いているんですが、実は内容あまりよく覚えておりません。是非またレビューお願いします。

STEPS AHEAD LIVE IN TOKYO 1986は、昔よくビデオで見てました。(今はどこかいっちゃいましたが。。。)スティーブスミスとダリルジョーンズとマイクスターンという、ステップスアヘッドの歴史の中では一風変わったメンツですよね。

同じステップスアヘッド関係ということで、トラバさせて頂きます。よろしくお願いします。

投稿: 猫ケーキ | 2007/08/16 16:58

猫ケーキさんへ。コメント感謝致します。

はじめまして!お立寄り下さり有難う御座います。
「STEPS AHEAD LIVE IN TOKYO 1986」ですが、実に素晴らしいアルバムですね。あのハイテンションが見る度に伝わって来る素晴らしいライブだと思います。仰る様にメンバーが実に面白い(?)組み合わせだと思います。スティーブ・スミスのドラミングが結構好きだったりします(笑)
今後も宜しくお付合い下さい。

投稿: FUSION | 2007/08/16 21:18

私も早速リマスター盤を購入しました!
レコードは持ってましたけど、CDはずっと入手困難でしたからね。
このアルバムの中で一番好きな曲は「BEIRUT」です。イントロからすでに緊迫した内戦状態ですし(笑)
マスターピース1500シリーズは2ヵ月で終わり?もっと続いてほしいですね。

投稿: milkybar | 2007/08/18 22:23

milkybarさんへ。コメント感謝致します。

そうですか、やはり購入しましたか!しかもレコードまで持っておられたとは流石です!・・・結構みなさんこのアルバムを聴かれていたようですね。聴いていなかったのは私だけだったのですね(涙)
>このアルバムの中で一番好きな曲は「BEIRUT」です。
私も同感です!。やはり名曲ですよネ「STEPS AHEAD LIVE IN TOKYO 1986」の「BEIRUT」とはまた一味違った感じですが、素晴らしいの一言ですね。
>マスターピース1500シリーズは2ヵ月で終わり?もっと続いてほしいですね。
ワーナーは勿論、それ以外のレーベルにも期待したいところです。

投稿: FUSION | 2007/08/19 00:03

はじめまして。
STEPS AHEAD LIVE IN TOKYO 1986はCDで持ってたり、レーザーディスクで映像を楽しんでたりしました。

このMAGNETICはアナログ盤は持っていましたが、CDではありませんでした。
この時期のブレッカーは、色々なことに挑戦していた時期なのでエレクトリックな音使いが多かったですね。
このアルバム通りのメンツでライブをした時は、どんな音だったか想像するとこれまた楽しいです。

投稿: taha | 2007/09/01 17:28

tahaさんへ。コメント感謝致します。

はじめまして!お立ち寄り有難う御座います。

皆さんやはり「STEPS AHEAD LIVE IN TOKYO1986」には様々な思いをお持ちのようですね。
>この時期のブレッカーは、色々なことに挑戦していた時期なのでエレクトリックな音使いが多かったですね。
このコメントを読んだだけでtahaさんのブレッカーに対する造詣の深さを感じます。

>このアルバム通りのメンツでライブをした時は、どんな音だったか想像するとこれまた楽しいです。
そうですね。確かにピーター・アースキンとヴィクター・ヴェイリーですからただじゃ済まない事になりそうですよネ(笑)

今後も宜しくお付き合い下さい。

投稿: FUSION | 2007/09/01 18:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「1500円です」・・え!今、何と!:

» ステップス・アヘッド/ステップス・アヘッド [ジャズ/フュージョンCDガイド〜入門編〜]
マイク・マイニエリ(vibe)、故マイケル・ブレッカー(b)、エディ・ゴメス(b)等、スタジオ系の人気プレイヤーが集ってジャズを演奏するという、フュージョン時代ならではの新鮮な感覚が受けたグループが「ステップス」。途中... [続きを読む]

受信: 2007/08/16 17:00

« <DRIVIN'(ドライヴィン)> 検体番号84 | トップページ | STUDIO CAT(スタジオ・キャット)が再発されます! »