« <Masuo Live(マスオ ライブ)> 検体番号82 | トップページ | <JIVE JIVE(ジャイブ・ジャイブ)> 検体番号83 »

2007/07/09

<PRISM デビュー30周年記念ライブ!“[HOMECOMING 2007]>の御報告

先日7/7(土)に新宿Faceにて開催された
<“PRISM デビュー30周年記念ライブ!“[HOMECOMING 2007]
を見てきましたので、ご報告させて頂きます。

このコンサートはPRISM デビュー30周年記念ともう一つニューアルバム「blue...」の発売記念コンサートも兼ねいるようです。この「blue...」・・・実に素晴らしい作品です(アルバム・レヴューは別の機会に・・・お許し下さい)。また特典DVDも付属されていますが、これもまたファンにはたまらないプレゼントですネ

※※※※※※※※※※

Blue









「blue...」

The 30th Anniversary
Special Album

01. Aqua Bondi
02. Daybreak Confusion
03. Angry Lady
04. 願い ~ A Gentle Wish
05. Awful Heptagon
06. Archimedes Depression
07. Scent of Rain
08. Turquoise Dreams
09. Vital Stillness
10. 絆 ~ Affection

試聴は・・・こちらで

[PRISM] 和田アキラ(G)、木村万作 (Ds)、岡田治郎(B)

ゲスト・ミュージシャン
久米大作(key) 佐山雅弘(ele-piano) 中村哲(Sax) 新澤健一郎(key) 石黒彰(key) 大高清美(organ)

「特典DVD」
01. Cycles of Life
02. Back Street Jive
03. Wind
04. Morning Light
05. Maze
06. Karma
07. Memory of the Moment
08. 元寇
09. Napoli
ex. Angry Lady
(プロモーション・ビデオ・バージョン)

ゲスト・新澤健一郎
「2006年Go Ahead Tour Live」( 目黒Blues Alley Japan にて収録)

※※※※※※※※※※

さて、2007年7月7日・・・いよいよ待ちに待ったライブ当日です。その日は朝から緊張しっぱなしです。何故なら、和田さんはじめ、プリズムの方々にまた会えるという事も勿論そうなのですが・・・・しかし、私は地方の田舎に住んでいるので・・・大都会「新宿」の会場に無事に着けるだろうか!・・・と言う実に小心的な緊張の方が完全に上回っていました(笑)。

案の定、迷いに迷った挙句、何とか無事、新宿に到着しました。さて、会場時間の17時になったので、新宿Faceに行ってみると・・・「リハーサルが押していて会場が遅れる」・・・という係員の言葉が耳に飛び込んで来ました。確かに、本日はゲストの方が5名もいらっしゃるとの事、正直なところ、この展開は予測はしていました。またDVD発売の為、映像も同時に収録するとの情報もあり、入念なリハーサルは当然の事ですネ。昔、学生時代に私もバイトでコンサートの仕込みや搬入・搬出等を何度と無く経験している為かこういった事が起こると昔を思い出してしまいました。しかし、この待たされる時間もまた期待感が高まって「コンサートに来たんだ」という臨場感と緊張感と焦燥感が実に妙な快感になるから不思議です(笑)

Photo_6 さて、約30分遅れで会場となりました。エレベータで7回のホールに到着すると、ご多分に漏れずCD販売会場が・・・実は是が大きなポイントでした。CDを買うと、何と先着30名様にその日参加したミュージシャンのサイン入り色紙が付いて来るのです。是を見逃すわけには当然いきません。なんと、その日最初にその色紙を頂いたのが・・・実はこの私なのでした(爆笑)。実はこの日のためにニュー・アルバム「blue...」を我慢して購入していなかったのです(実のところ曲自体は諸事情により早くから聴いていたのですが・・・大汗)。だが、しかし・・・このアルバムは何としても30周年記念ライブ当日に会場で購入しよう!!!と決めていたのですが、まさかこんな嬉しいプレゼントがあろうとは(少しは予感していたりしたのですが)・・・待ったかいがあったと言うものです。

会場入りし席へ腰をおろし程なくすると、超満員のプリズム・ファンが・・・・用意された席は全て埋め尽くされていました。やはり皆さん私と同じ様に「この記念すべきコンサートを見逃してなるものか!」と言った熱意が伝わってきます。また、私と同年代か先輩といった方々が殆どでしたが、それを見て「皆さん、古くからずっとプリズムを応援してきた人たちなんだ、今から30年前と言えば、私も含めここい居る皆さんが多感な年頃に受けたプリズム・サウンドの虜になり、それから時を経て今現在この場所で同じ時間を共有出来るのだ」なんて考えたら、今回のこのイベントが更に感慨深いものに感じてくるのでした。

予定時間の18時から約20分遅れ、いよいよ開演です。夜明け前の冷たく澄んだ空気感を連想させる淡青にライティングされたステージ上にメンバーが次々と登場してきます。そこには和田さん、万作さん、岡田さんのプリズムと、そして久米大作さんと中島オバヲさんの姿もあります。
厳格な中にも安らぎを感じさせてくれる壮大で幻想的なSEが徐々に会場に漂い、張り詰めた緊張感が最高に達したその瞬間、万作さんのドラムが静寂を打ち破り「風神」が会場に響き渡りました。
そこから懐かしいナンバーが次から次へと怒涛の如く繰出されるのでした。以下、そのセット・リストと参加ミュージシャンを記しました。(記憶が曖昧です・・・訂正ありましたらコメント下さい。速やかに修正いたします。)

<PRISM with 久米大作,中島オバヲ>
01.風神 (Daisuke Kume) ~PRISM Ⅲ~
02.Tornado (Akira Wada) ~PRISM~

<PRISM with 久米大作,中島オバヲ,中村哲>
03.Dancing Moon (Akira Wada) ~PRISM~
04.Crystal Night (Daisuke Kume) ~SECOND THOUGHT/SECOND MOVE~

<PRISM with 佐山雅弘,中島オバヲ>
05.Full Moon (Masahiro Sayama) ~SURPRISE~
06.Upside Down (Ken Watanabe) ~SURPRISE~
07.Karma (Akira Wada) ~SURPRISE~

<PRISM with 新澤健一郎,中村哲,中島オバヲ>
08.Shadow of the Junglegym (Akira Wada) ~∞(永久機関)~
09.Memory of the Moment (Akira Wada) ~COMMUNITY ILLUSION~
10.Memories of You (Ken Watanabe) ~PRISM Ⅲ~

<PRISM with All Guest>
11.Beneath the Sea (Akira Wada)~SECOND THOUGHT/SECOND MOVE~
12.絆 (Mansaku Kimura)~blue...~

***アンコール***

<PRISM with 新澤健一郎>
13.PRISM (Akira Wada) ~PRISM~

~和田アキラ and ゲスト トーク・セッション~

<PRISM with All Guest>
14.Love Me (Akira Wada)~PRISM~

[PRISM] 和田アキラ(G)、木村万作 (Ds)、岡田治郎(B)
[ゲスト] 久米大作(Key)佐山雅弘(Key)中村哲(Sax)新澤健一郎 (Key)中島オバヲ(Perc)

また、今回演奏された曲が収録されたアルバムはこちら(PRISM official site)を御覧下さい。

今回のライブの模様はDVDでも発売されるようです。詳しくはコンサート当日に配布Photo_5されたチラシを御覧下さい。また、中島オバヲさんは、ほぼ全曲に参加されていましたが、何曲かは参加されませんでした。その曲がどれか・・・ゴメンナサイ・・・記憶が曖昧です。是非DVDが発売されたらお買求めの上、ご確認して下さい。勿論私も・・・ですネ・・・)

約2時間30分・・・古くからのファンには感涙ともいえるナンバーが並びました。しかし、そこには懐古的な感覚は微塵も感じられません。現在のプリズムが奏でるそのサウンドはその懐かしいナンバーに新たなパワーを注入し、宛も新曲の様な新鮮で瑞々しい作品に・・・それは「進化」と言えるかもしれませんね。そんな中、ニュー・アルバム「blue...」から一曲のみ披露された「絆」が暖かく、そして切なく響くのでした。

ライブ終了後、是だけ懐かしいナンバーを直に体験したにも係らず、改めてこれからも現在進行形の「PRISM 」をそして「和田アキラさん」を応援して行こうと再認識させられた自分がそこにいたのでした。

和田さん、万作さん、岡田さん、そして参加された全てのミュージシャンの方々へ・・・本当に、本当に・・・素晴らしく、そして有意義な時間を有難う御座いました。

また、プリズムが30年間も続き、今日の様な素晴らしいライブを堪能出来たのは、過去から現在に亘ってプリズム・サウンドに携って来た多くのミュージシャン、そしてスタッフの皆さんの努力があったからこそ・・・本当に有難う御座いました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

追伸:このコンサートであくまでも個人的な事なのですが、佐山雅弘さんの参加は本当に嬉しかったのです。その昔、佐山さんは「SURPRISE」(過去にレビューしておりますので是非)というアルバム残してプリズムを脱退したのですが、ある雑誌のインタビューに「プリズムに参加してロックと言う概念が変わった」とコメントされていました。つまり佐山さんはプリズムからロック・スピリットを感じていたようですが、それよりも、あの天才・鬼才の佐山さんの音楽概念をも変えたプリズム・サウンド・・・そして、その「SURPRISE」から3曲も演奏していただけた事は本当に感激でした。そして和田さんと佐山さんが実際にステージに一緒に立ち、Full Moon、Upside Down、Karmaを・・・胸の詰まる思いです。

また、長年に亘りプリズム・サウンドを担ってきた渡辺健さんは参加されていませんでしたが、「Memories of You」を演奏された時、・・・・微かにステージ上にその面影を感じた・・・様な気がしました。私だけでしょうか?「Memories of You」・・・・「貴方の思い出」・・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最後に、ニュー・アルバム「blue...」の「Artist Photos」を担当したMasato Osawaさんへ。
収録された作品群と調和のとれた、光に満ち溢れた神秘的な煌きのある美麗で生命力をも感じさせる素晴らしいPhotosです。このアルバム「blue...」を象徴するかのような作品ですね。

|

« <Masuo Live(マスオ ライブ)> 検体番号82 | トップページ | <JIVE JIVE(ジャイブ・ジャイブ)> 検体番号83 »

コメント

「blue...」のレヴューを密かに待っていたんですけど、そういう訳でしたか。(笑)

 今回のライブは懐かしい曲のオンパレードみたいで、僕が会場にいたら、「この曲のタイトルは何だったんだろう」と思いながら聞いていたと思います。タイトルを覚えないもので。(^_^ゞ
DVDが楽しみです。

投稿: WESING | 2007/07/10 09:47

WESINGさんへ。コメント感謝致します。

実はWESINGさんも密かに会場に来ているのでは・・・などと思っていました(笑)
今回のライブは確かに懐かしい曲のオンパレードでした。まさかのナンバーが次から次へと・・・素晴らしいコンサートでした。正直、「blue...」の作品も聴きたかったのですが・・・次回の楽しみとします(笑)
また、発売されるDVDは完全版ということですので、会場に来れなかった方々にとっても嬉しいですね。
しかし、今回の曲を聴いて・・・ワーナーとムーンから発売された作品の再販を切に希望するばかりです・・・難しそうです・・・ネ?

投稿: FUSION | 2007/07/10 18:43

もう胸キュンって感じがよく伝わってきましたよ。
DVD、機会があれば拝見したいです。

投稿: elmar35 | 2007/07/10 23:03

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

>もう胸キュンって感じがよく伝わってきましたよ。
お恥かしい限りです(笑)でも、本当に素晴らしいライブでしたよ。もう聴く事が出来ないと思っていた楽曲を沢山聴けたですし・・・感無量です(笑)

>DVD、機会があれば拝見したいです。
elmar35 さんには「blue...」に付属しているDVDを是非にも御覧頂きたいです。DVDは勿論アルバム自体も気に入って頂けると思います。

投稿: FUSION | 2007/07/10 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140273/15707054

この記事へのトラックバック一覧です: <PRISM デビュー30周年記念ライブ!“[HOMECOMING 2007]>の御報告:

« <Masuo Live(マスオ ライブ)> 検体番号82 | トップページ | <JIVE JIVE(ジャイブ・ジャイブ)> 検体番号83 »