« 「1500円です」・・え!今、何と! | トップページ | FUSION SHOWER (フュージョン・シャワー) »

STUDIO CAT(スタジオ・キャット)が再発されます!

前回、STEPS AHEAD(ステップス・アヘッド)のMAGNETIC(マグネティック)が発売された事を書きましたが・・・何と、また嬉しい情報が・・・

それは・・・

今剛さん が1980年にアガルタ・レーベルから発表された唯一のソロ・アルバム
「STUDIO CAT(スタジオ・キャット)」が再度、発売される事になったようです。
Studio_cat

詳しくは・・・こちらを参照下さい。

以前、1995年に一度だけ「J-FUSION WAR 95」シリーズとしてCD化され発売されましたが、それ以来、再発・再販はありませんでした。しかし、今回、めでたく「Rocking Chair Record」から紙ジャケットにて発売される事になりました。

さて、気になる発売予定日は「2007年8月22日」だそうです。

Kon PANTA&HALを経てジャパニーズ・フュージョン界にその名を刻み込んだ、そう「PARACHUTE(パラシュート)」でその人気を不動のものとし、同時にスタジオ・ミュージシャンとしても数え切れない程のアルバムに参加し、日本のトップミュージシャンとしての地位を築きます。そして今尚、スタジオ・シーンにおいてファースト・コールを受ける素晴らしいギタリストですが、意外な事に、「ソロアルバム」としてはこの「STUDIO CAT(スタジオ・キャット)」以外は未だ発表されていません。(パラシュートは当然ながら、盟友・松原正樹さんとのアルバムでも二人の素晴らしいギターを充分に堪能できます。こちらもお奨めです)
そういった意味でも「ジャパニーズ・フュージョンの歴史」を物語る重要な作品です。

是を機会に、もし、「聴いた事が無い」、「探していた」、「知らなかった」と言う方は是非にもその音に触れてみて下さい。

それじゃ。また。

|

« 「1500円です」・・え!今、何と! | トップページ | FUSION SHOWER (フュージョン・シャワー) »

コメント

これが発売されるんですか。
聞きたくて探していたんですが見つけられませんでした。嬉しいですね。もちろん絶対に買います。
情報有難うございました。

投稿: ごまちゃん | 2007/08/04 14:41

ごまちゃんさんへ。コメント感謝致します。

そうですか!探していたのですネ。是非にもお奨めします。実にポップで聴き易い作品が収録されたアルバムです。
しかし、今回の発売はやはりフュージョン・ファンとしては嬉しいですね。是を切欠に、隠れた名盤が再度世に出られる事を願うばかりです。

投稿: FUSION | 2007/08/04 19:54

ところで、これはほんとに“買い”ですか?(笑)
ちなみに私は“パラシュートを聴いた事ない”部類ですが。

投稿: elmar35 | 2007/08/06 21:55

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

この作品ですが・・elmar35さんのとっては???かもしれません(笑)。(あくまでもelmar35さんのブログから受ける印象を基に言っていますので誤解の無いように)
難解なリックやインプロヴィゼーションが多い、いわゆる「ハード・フュージョン」では全く有りません。実に耳障りの良い「ポップ・フュージョン」とでも言いますでしょうか・・・しかし、ギター・サウンドとプレイは間違いなく一級品です!!!。今から27年前とは思えないそのサウンドは「素晴らしい」の一言です。難を言えばメンバーが違ったらもう少し違ったサウンド(当たり前ですけど)になったのでは?と思うのですが(汗)私的には強くお奨めしたいところですが。

私的には今さんと松原さんのお二人を勝手に「師匠」と呼んでいます。

投稿: FUSION | 2007/08/06 23:21

>elmar35さんへ
役に立たないかもしれないけど、このアルバムについてはURLで。林立夫さんによる解説を書いてみました。

>FUSIONさん
亜蘭さんのアルバムでスクエアの「ハワイへ行きたい」のボーカル・バージョンがあったとはまったく気が付いてません。(^_^;

スクェアは'79年末にユーミンのバックで聞いたのが最初ですけど、アルバムはまだ買ってないし、それ以降数年はほとんど聞けてないんですよね。
それで気がつかなかったことにしてください。(苦笑)
そろそろスクェアもupするつもりです。

僕の場合、笹路さんと安藤さんのつながりは鷺巣詩郎さんのアルバムで見つけました。
ブログにはどの曲で演奏しているか書いていないので、同じ曲で演奏しているかどうかはもう一度レコードを調べて見ないと分かりませんけどね。

投稿: WESING | 2007/08/08 18:17

WESINGさんへ。コメントとフォロー感謝致します。

亜蘭さんの件ですが、邪道な聴き方をした私をお許し下さい(笑)でも、興味があるギタリストが一枚のアルバムに集結してどんな演奏を繰広げるのか楽しみだったのです。「ハワイへ行きたい」ですが・・・どうしてこの曲なの?という疑問がある事も確かなのですが(汗)
>笹路さんと安藤さんのつながりは鷺巣詩郎さんのアルバム・・・
それは知りませんでした。いつもながら情報感謝致します。

投稿: FUSION | 2007/08/08 21:14

横レスで申し訳ないですがWESINGさん、ありがとうございました。
詳細は貴サイトにて!

それから(笑)FUSIONさん、亜蘭女史は正規の記事でお願いします・・コメントしづらいので。(笑)
かなり前に、当方でもこの記事アップしました。
・・はずかしくてTB遅れませんがネ。(涙)

投稿: elmar35 | 2007/08/21 22:02

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

実は亜蘭さんの事をとり上げたのは、春畑さんのアルバムを紹介した時にelmar35さんが亜蘭さんの名前を出されたので思い出してUPしたのでした。本当は本文にてレヴューしようと思ったのですが、アルバムの特性上(笑)、「本日?の一枚」にて紹介した次第です。なかなか難しいアルバムです・・・という理由でお許しください(汗)。

投稿: FUSION | 2007/08/22 18:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STUDIO CAT(スタジオ・キャット)が再発されます!:

« 「1500円です」・・え!今、何と! | トップページ | FUSION SHOWER (フュージョン・シャワー) »