« CREATION、四人囃子、SMOKY MEDICINEのライブ | トップページ | スーパー・プレミアム・シリーズ第一弾!ファンキー・フュージョン編、全10タイトル!発売 »

再発!Space Circus(スペースサーカス)

このところ再発CDの話題を幾つか取り上げてきましたが・・・なんと、2006年に一度再発されながら、突然生産中止となった、あの”幻のアルバム”が遂に「また」発売されるでは有りませんか!!!!それは・・・・

「Space Circus(スペースサーカス)」

のアルバム

<FUNKY CARAVAN(ファンキー・キャラバン)>
< FANTASTIC ARRIVAL(ファンタスティック・アライバル)>

この2作品が「2008年04月23日」に 発売予定 となりました。

詳しくはこちらの「HMV」をご覧下さい。

http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?keyword=%83X%83y%81%5B%83X+%83T%81%5B%83J%83X

また、注目すべきは、HMVサイトの「商品の詳細」の「その他 」なる欄に記されている “1ボーナストラック” です!!!。今回発売される2作品ともに記されていますが・・・本当なのでしょうか?もし事実だとしたら・・・これはファンにとってはこの上ないプレゼントですネ。そんな意味でも目が離せない、注目のアルバムです。

私のブログでも<FUNKY CARAVAN(ファンキー・キャラバン)>を紹介しております。よかったら是非ご覧下さい。

実は以前にも紹介しましたが「2006年06月」に一度、再発されました。しかし、何故か直ぐに発売中止となってしまいました。私事ではありますが、その時は本当にショックでした。「多分いつでも買えるだろう」などと呑気に構えていたら、すぐに「入手困難」の憂き目に・・・だが、しかし、今回は同じ失敗を繰り返してなるものか!!!・・・と、早速HMVに予約しました。今度こそは・・・よろしくお願いします!BMGジャパンさん!・・・確かに届けてくださいネ!HMVさん!・・・発売前に中止になりはしないかとチョッと心配な私ことFUSIONでした。

尚、今回の情報はいつもお世話になっています「WESINGさん」から教えて頂きました。心より感謝致します。

|

« CREATION、四人囃子、SMOKY MEDICINEのライブ | トップページ | スーパー・プレミアム・シリーズ第一弾!ファンキー・フュージョン編、全10タイトル!発売 »

コメント

僕の方がびっくりです。
HMVで再発を見たものの、買う気がなかったので、
ボートラがあることは確認してませんでした。(^_^;;

ボートラがあるなら買いたい!

投稿: WESING | 2008/02/28 21:34

WESING さんへ。コメント感謝致します。

先ず、情報頂き本当に有難う御座いました。

ボーナス・トラックの件ですが・・・本当に驚きました。まさか未発表曲でしょうか?はたまた別テイク?、またはLIVE音源?何れにせよ待ち遠しいです・・・でも・・・本当かな?と、いまだに半信半疑です。よく岡野さんが許可したと思うのです・・・が。はたして?

投稿: FUSION | 2008/02/28 21:47

貴重な情報ありがとうございます。
’06年の再発時に1stのみ入手しましたがボートラなしです。
・・多分2ndもそうじゃないかな。
当時岡野氏がインタヴューで紙ジャケ盤再発数の少なさの理由を語るには、その時点で自分達のもろもろの権利が中に浮いたままだったのと、自らの手でリマスターしたかったので1stプレスで止めた為だったそうですよ。
特に2ndはもっとなんとかしたかったそうですね。
・・この際両方買ったほうがいいかもです。(笑)

投稿: elmar35 | 2008/02/28 21:58

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

そうでしたか!そういった事が突然の発売中止理由だったのですか!様々な噂がありましたが、岡野さん本人がコメントされていたのですか!情報有難う御座います。と言う事は、利権関係はクリアーされ、またリマスターも本人達が納得したのモノを・・・期待感がグッと高まりました

>この際両方買ったほうがいいかもです。
そのようですネ(笑)

投稿: FUSION | 2008/02/28 22:25

ご無沙汰しtます。
はじめまして・・・ かな?

ここは情報が早いね。
2006年物2枚は先日オークションで売った(\30,000以上)ばかり・・・
とりあえず、また予約しました。

ライブ音源聴くなら送ろうか?

投稿: ヒロシ | 2008/03/08 17:51

ヒロシさんへ。コメント感謝致します。

おっと!!!!!!師匠では御座いませんか!!!!!
直々のコメント恐縮です。
その節は本当にお世話になりました。貴重な音源の数々・・・本当に有難う御座いました。あらためて御礼申し上げます。

3万ですか!やはりスペース・サーカス!いまだ人気衰えずですネ(笑)。

>ライブ音源聴くなら送ろうか?
えっ!マジっすか!・・・お願い致します。・・・お願い致します。・・・お願いイ・タ・シ・マ・ス・・・。


投稿: FUSION | 2008/03/08 21:27

ヒロシさんへ。

↑のもの、届きました・・・そして、聴きました・・・そして驚きました・・・そして感激しました・・・そして・・・感謝しています。

流石、師匠!!!!有難う御座いました。

投稿: FUSION | 2008/03/13 22:38

そうなんです。
ライブ音源けっこう溢れておりますよね。

しかしやはり生で聴きたい。
それならやっちゃおう。
ということでカバーバンドを作りました。
ライブはいつになるか分かりませんがww
次回はポットピープル。


ボーナストラックは楽しみですね。

投稿: みかばす | 2008/03/23 20:14

みかばすさんへ。コメント感謝致します。

ライヴ音源・・・当時のバンドが持つパワーを十二分に感じられる貴重な資料ですネ。スペース・サーカスの再結成を強く望みます(特にファンキー・キャラバンのメンバーで・・・)が、無理なのでしょうネ

投稿: FUSION | 2008/03/23 22:26

はじめまして
スペースサーカス再発の検索でこちらに辿り着きました

不適切でしたら削除いただきたいのですが訃報です

2008年03月26日朝
佐野行直さん御逝去なさいました
4/23にはCD2枚とも再発されるのに…

お通夜は3月28日午後6時
告別式は3月29日午前11時
会場:神谷商店/タウンホール根津
(文京区根津2-20-4 電話03-3821-4215)
千代田線根津駅、根津口出口より徒歩1分。根津神社方向不忍通りぞい右側。
http://www.kamiyasyoten.co.jp/map.html

投稿: CrossOverFun | 2008/03/29 10:30

CrossOverFunさんへ。コメント感謝致します。

この度の訃報・・・本当に悲しくて、そして残念でなりません。影響を受けた方が逝かれてしまうのは本当に辛いです・・・。
今は心よりご冥福をお祈り申し上げます。

最後になりましたが、御丁寧なコメント心より感謝致します。有難う御座いました。

投稿: FUSION | 2008/03/29 12:26

スペース・サーカスの初期FUNKY CARAVAN。
再発されたCDにボーナストラックとして初期FUNKY CARAVANが収録されていました。
個人的に思い出があるので少し話しをしたいと思います。
当時ボクはアマチュアのブルースバンドのギターをやっていてN大学でロック研に所属していた。
正確な時は覚えていないが、たしか1975年か1976年の前半くらいだったと思うが、ロック研のバンド仲間のベーシストが
「すごいバンドがいるらしい。今度学校のスタジオ(といっても防音設備があるだけの練習部屋です)で練習するらしい。」とのこと。
で、当日その練習部屋にいくとすでに練習が始まっていてメンバーは3人。
ギタリスト(佐野氏)は無口で確かグレコ(ギブソンではなかったと記憶している)のレスポールモデルを使用して
MXRのダイナコンプだったかフランジャーが足元にあり、アンプはマーシャルかロイヤルの3段積みだったと思う。
また、ドラムス(小川氏)は当時アマチュアでは大変めずらしいデカいバスドラで目の前で大音量で正確なブリティッシュリズムを刻んでいた。
また、仲間が注目していたベース(岡野氏の前の人)は当時のチョッパーベースでこちらも音がデカイ。
その時は、既に「ファンキーキャラバン」「アリババ」(もちろん曲名はあとで知りましたが)などを練習していた。
今回のCDボーナストラックの初期FUNKY CARAVANと全く同じ感じです。
途中で一旦ブレイクが入り小川さんのドラムで始まリ佐野さんのエフェクターを足元で踏む構成も既に完成されていました。
練習も曲自体のリフ構成が決まっているため通しで最後まで終わってしまうのでミニライブのような感じ。
ギターベース中心でブリテッシュロック+アルディメオラフレーズという感じだった。
練習ではその他に確かジェフ・ベックの「ジェフのブギー」や
セカンドアルバムのボーナストラックのUNTITLED~POT PEOPLEの曲テーマもボクの記憶であるので当時からやっていたと思う。
ともあれ完全なロックバンドだった。
ギタリスト(佐野氏)はボクらと同じ年で小川さんは少し上だといっていた。
しかし、アマチュアでこんなにうまいバンドだが、マニア受けでレコードデビューするとは思えなかった。
それからしばらくして大学の学園祭にも出ていた。(ライブは教室でやるのですが、知名度が低いため
あまり人が入らないので、拍手がパラパラでさびしかった。ただし見に来た人はあまりにも演奏がすごいので、
終わるとあっけにとられ即反応が出来なくシーンとなった。
ライブではベースの方が1曲目が終わると、「こんにちはスペース・サーカスです。アリババをお送りしました」と言っていた。
ボクらのバンドもご一緒したこともあったがバンド演奏技術レベルが違い恥ずかしかった。)
それから、しばらくしてベースが代わった(岡野氏)と聞いた。
だんだん評判が出てきて、屋根裏(当時あこがれのライブハウス)にでると決まったとの話にはビックリした。

ボクはサラリーマンになってその後は知らないが、後にレコードを聞いてあまりの違いにビックリした。
ボクが知っているスペース・サーカスのFUNKY CARAVANはラウドなロックのFUNKY CARAVANだった。

投稿: 初期FUNKY CARAVAN | 2009/02/14 23:36

初期FUNKY CARAVANsannhe。さんへ。コメント感謝致します。
熱く、そして貴重なお話有難う御座いました。私は彼たちのライヴを見た事がありませんし、リアルタイムより少し遅れてサウンドを聴いたのですが、今回の様な情報を聴くにつれ、当時は様々なサウンドが混沌としたまさにクロスオーバ最盛期を偲ばせますネ。
>ボクが知っているスペース・サーカスのFUNKY CARAVANはラウドなロックのFUNKY CARAVANだった。
この言葉が意味することは至極重要だと思います。私は岡野さんが在籍されてからのサウンドしか知りませんが、、、それでもやはり彼達の根底にあるものはラウドなロックスピリトそのものだと痛感しています。

投稿: FUSION | 2009/02/15 10:56

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再発!Space Circus(スペースサーカス):

« CREATION、四人囃子、SMOKY MEDICINEのライブ | トップページ | スーパー・プレミアム・シリーズ第一弾!ファンキー・フュージョン編、全10タイトル!発売 »