« Other Peoples Rooms(アザー・ピープルズ・ルーム) <Mark-Almond> | トップページ | 「ExhiVision」~Beyond The Earthbound 2008~ »

2008/10/19

スーパー・プレミアム・シリーズ第二弾!Vintage in 70's・スーパースター編

以前、私のブログで再発情報として「スーパー・プレミアム・シリーズ第一弾!ファンキー・フュージョン編、全10タイトル!発売」なる企画を紹介しましたが・・・何と今回その第二弾が遂に・・・その名も

「スーパー・プレミアム・シリーズ第二弾!Vintage in 70's・スーパースター編」

流石Sony Music!!!またもや実に素晴らしいチョイスです。さて、気になるそのアルバムは・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スーパー・プレミアム・シリーズ第二弾!Vintage in 70's・スーパースター編

スーパースター編・・・30年以上の年月を経て新たに再評価される歴史的名盤、超レア盤の中から厳選したタイトルを一挙初CD化。眠っていた作品が遂に蘇る!完全生産限定盤
(以上、HMVに掲載された文面をそのまま紹介させて頂きました。)
http://www.hmv.co.jp/fl/5/94/4/

Dreams / Dreams

Imagine My Surprise /Dreams

Two / Clark Duke Project

Magic / Billy Cobham

Carnival / Maynard Ferguson

Inner Worlds(内深界) / John Mclaughlin

Life Time / Tony Williams

Love Conection / Freddie Hubbard

Say It Eith Silence / Hubert Laws

Alivemutherforya(スーパースター スーパーライヴ) / Various

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本当にお恥ずかしい限りですが・・・私、実は今回発売されたアルバムの殆んどを聴いた事が有りません(勿論、その存在は充分に認知しておりましたが・・・如何せん輸入盤で尚且つ入手困難なアルバムばかりですので)。FUSION(フュージョン)MUSIC研究所 などとブログ・タイトルを掲げている私ですが・・・まだまだ修行が足りませんネ。

さて、今回のアルバム群のなかにおいては、やはりマイケル・ブレッカーとランディ・ブレッカーが所属した Dreams(ドリームス)の二作品が一際輝いていると思うのですが・・・如何でしょうか?
このDreams(ドリームス)はあの「ザ・ブレッカー・ブラザース」の前駆体ともいえるバンドであり、FUSIONファンの間では今や伝説的な存在でもあります。
以前に紹介しました「Disc Guide Series 01 FUSION(ディスク ガイド シリーズ01 フュージョン)」の中にも「Imagine My Surprise /Dreams」 が紹介されており、そこに記された内容的から推測すると何やら「ロック色の強いサウンド」、、、との事ですのでフュージョン・ファンだけじゃなく、ロックファンにも充分アピールできるアルバムの様ですネ。益々興味をそそられていた訳ですが、今回、遂に入手する事が出来る事となりFUSIONファンの私としてはまさに「感無量」の一言!!!!勿論、早速予約した次第です。

Dreams(ドリームス)の話ばかりしてしまいましたが、、、実はもう一作品如何しても聴きたいアルバムがありまして(勿論、全作品聴きたいのですが・・・)、それは・・・ビリー・コブハム(ds)、アルフォンソ・ジョンソン(b)、スティーヴ・カーン(g)、トム・スコット(sax、lylicon)、マーク・ソスキン(key)といった強力なミュージシャンによるライブを収録した「Alivemutherforya(スーパースター スーパーライヴ) / Various」です。現在では絶対に実現しないであろうスーパー・ユニットによる1977年の熱いライブが現在に蘇ります。此方も勿論予約済みです(笑)

しかし、今回発売されるアルバム群を見て思った事ですが・・・今回の企画を立案・実行した方が誰なのか存じ上げませんが(前回は「ADLIB」の編集長でもある松下佳男さんと、タワーレコードのジャズバイヤー馬場雅之さんでしたが・・・はたして今回もそうなのでしょうか?)、その選出された作品から垣間見れる人物像は、、、相当にフュージョン・クロスオーバーを熟知され、尚且つリアルタイムでその洗礼を受けた方とお見受けしました。特に、上記の10タイトルを見てみると、決して言うところの「メジャーなアルバム」では無いと思いますが、1970年代のフュージョン・クロスオーバーシーンを語る上で極めて重要なアルバムばかり選出されています。兎にも角にも素晴らしい企画に心から感謝致します。

追記・・・今回も前回同様に「熊谷美広さん、松下佳男さん(ADLIB誌 編集長)、馬場雅之さん(TOWER RECORDS)」以上の方々が監修されていました・・・やはり!納得です。

何れにしましてもフュージョン・クロスオーバー・・・その黎明期を彩った当時のミュージック・シーンを明確に反映した作品の数々・・・フュージョン史的に意義の高いアルバムです。今では大御所と呼ばれる方々や、残念ながらお亡くなりになられた方が繰り広げる若かりし頃の溌剌とした熱いサウンドをワクワクして期待してしまいますネ。このアルバムは現在聴いても色褪せない確固たる存在感がそこにある事でしょう。

今回発表された音源は、「Vintage in 70's・スーパースター編」が示すように1970年代のサウンドですが、だからと言ってレトロ感覚や懐古趣味といったものではなく、私としては初めて耳にするサウンドですので「新作」として聴かせて頂くつもりです。・・・今から発売が待ち遠しい私ことFUSIONでした。

それじゃ。また

|

« Other Peoples Rooms(アザー・ピープルズ・ルーム) <Mark-Almond> | トップページ | 「ExhiVision」~Beyond The Earthbound 2008~ »

コメント

ご無沙汰してます。

Alivemutherforya って、ばあさんが編み物してるようなジャケットかい?
それならレコードで2枚持ってるんだけど・・・
昔、CDが手に入らないと思い予備を買いました。
スティーヴ・カーンのタイトロープや、アルフォンソ・ジョンソンのバハマ・ママが好きだったな。

投稿: ヒロシ | 2008/10/19 22:14

ヒロシさんへ。コメント感謝致します。

おっと!!!!師匠では御座いませんか。此方こそご無沙汰しております。その節は貴重な音源等を拝聴させて頂き感謝致します。御礼も出来ないままの非礼をお詫びいたします。

>それならレコードで2枚持ってるんだけど・・・
流石ですネ。しっかりとおさえておりましたか。しかも「CDが手に入らないと思い予備を買いました。」との事、、、ただただ驚き平伏すばかりですcoldsweats02。私は今回が初体験ですので・・・「タイトロープ」「バハマ・ママ」しっかりと聴かせて頂きますgood


投稿: FUSION | 2008/10/19 22:28

>その少年は高校1年のとき”PRISM-Ⅲ”いう”レコード”をはじめて聞きました。

高校の時の友達がプリズムが好きで、一緒にレコードを買いに行った記憶があります。
当時は、クロスオーバーと言ってましたよね。

投稿: あいうえお | 2008/10/20 23:55

あいおえおさんへ。コメント感謝致します。

私が最初にフュージョンを認識したのがプリズムだったのです。それから様々なフュージョンと呼ばれるサウンドを聴き漁りました。

>当時は、クロスオーバーと言ってましたよね。
そうでしたネ。私が高校生のころクロスオーバーが一般的にフュージョンと呼ばれ始めた頃だったと記憶しています。

投稿: FUSION | 2008/10/21 00:10

70年代のクロスオーバーミュージックをこよなく愛する者です。今回のレア盤の発売は非常に嬉しく思いまだ聞いていないロドニーフランクリンやチョコレートジャムカンパニーを購入しようと思います。

投稿: crossover | 2008/12/21 11:00

crossoverさんへ。コメント感謝致します。

はじめまして!
>70年代のクロスオーバーミュージックをこよなく愛する・・・
そうでしたか!今回の再発シリーズは本当に嬉しいですネ。crossoverさんにとっては何よりの朗報かと存じます。私は70年代のサウンドをリアルタイムで聴いていないので、これを機会にそのサウンドに触れ楽しませて頂いております。

今後も宜しくお付き合い下さい。

投稿: FUSION | 2008/12/21 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140273/42835256

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー・プレミアム・シリーズ第二弾!Vintage in 70's・スーパースター編:

« Other Peoples Rooms(アザー・ピープルズ・ルーム) <Mark-Almond> | トップページ | 「ExhiVision」~Beyond The Earthbound 2008~ »