« スーパー・プレミアム・シリーズ第二弾!Vintage in 70's・スーパースター編 | トップページ | 松居和 ・ロベン・フォード 関連アルバムの再発 »

2008/11/11

「ExhiVision」~Beyond The Earthbound 2008~

今回は、久々にライヴのご報告など・・・・

先日11/8、私のブログで度々登場するライブハウス「Bar QUEENさん」で催された「ExhiVision」"Beyond The Earthbound 2008"ライブを拝見してきました。

Exhivision12 「ExhiVision」とは 長谷川浩二(Dr) 難波弘之(Key) 和田アキラ(G) 永井敏己(B) のメンバーによるプログレ的なサウンドとテクニカルでパワフルなハードロックサウンドを身上とした、類稀なグループです。各々のミュージシャンの経歴は今更私が紹介しなくても、このブログをご覧の皆様は既にご存知かと思いますが・・・詳しくはコチラを参照下さい。

http://exhivision-home.com/
http://www.vega-net.ne.jp/namba/
http://www.prismjapan.com/
http://www.netlaputa.ne.jp/~toshimi/index.html
http://k.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/kozysuperh/

特に、私が今回初めてそのプレイとサウンドを体験することとなりました、長谷川さんのひたすらヘビーでパワフルにドライブするドラミングは凄いの一言!!!!ロック魂溢れる熱く襲いかかるようなアグレッシブで刺激的なサウンドは凄まじい迫力です。正直、フュージョン然としたドラミングに慣らされた私の耳にはある意味で新鮮でした。その強靭で瞬発力の高いテクニカルなフレーズと、体が熱くなる様なハードロックのフィーリングが絶妙に融合されたサウンドとプレイからは技量の確かさといったもを充分に実感させられるのでした。 そしてその全てが長谷川浩二サウンドとして確固たる存在感をもって観衆を魅了していました。

また、難波さんに至っては山下達郎さんのコンサートでは何度か拝見していますが、こんなに近距離でそのサウンドとプレイを体感出来た事も嬉しかったですネ。やはり「バックス・バニー」「センス・オブ・ワンダー」「野獣王国」等、実に強力無比な実力派バンドで活躍し、同時に山下達郎さんなど多くのミュージシャンのレコーディングに参加し、今や重鎮ともいえる難波さん・・・実に多彩なアプローチを取入れたプレイと、洗練されたアンサンブルは流石の一言。また、もう一つの魅力として、その丹精で知的な上流階級的風貌とは裏腹(?)に、下ネタを交えたウィットに富んだ実に面白いMCも魅力の一つでした(笑)流石は安部能成文学賞を受賞した難波さん、話術にも充分長けていました。特に野沢直子さんとビートたけしさん、そして、今話題の・・・おっと!そこから先は是非ライヴに足を運んで自分の耳で聞いてください(笑)。

永井さんは、やはり既に孤高のフレットレス・ベーシストとして今回もその圧倒的な存在感と美しいサウンドを武器にこのバンドに独特のインセンスを振り撒いていました。楽曲本来が持つ持つ美しさや激しさといったその曲が持つ魅力を充分に引き出した絶妙なインプロヴィゼーションを展開しています。そして、今回のライブでの永井さんを拝見して実感した事は、楽器を如何に操り、どこまで歌う事ができるか・・・それを己に課しながらプレイするかの様なストイックながらもそれと相反する扇情的ともいえるものが同居したプレイスタイルがもしかすると永井さんのファンダメンタルな部分なのかも知れないと考えさせられました。またレベルを抑えたオブリガート的で印象的なフレーズを随所でサラリ聴かせる職人技も素晴らしいですネ。「COOL」という言葉が実に似合うミュージシャンです。

そして・・・我が師匠「和田アキラ」さんを忘れるわけにはいきませんネ。強力なリズム隊をバックに、疾走するかの如きスピード感抜群のギターサウンドは爽快ですね。ワイルドで野性味溢れる瞬発性の高いプレイ・・・そして荒々しいうねりをも感じるパワー溢れる無骨なサウンド・・・それらが一体となり、和田さんの根源に流れるロック・スピリットが解き放たれたかの様なライブならではの覇気が有る演奏は素晴らしいと表現する以外他にありません。プリズムとはまた一味違った和田アキラ・サウンドを充分に堪能する事が出来ました。

「ExhiVision」・・・いやはや・・・実に強力なバンドです。正直、今回のライヴを拝見するまでは、個人的な嗜好からは少しばかり隔たりがあったのですが・・・ライブ終了後はそんな邪念など木端微塵に吹き飛ばされてしまいました。それどころか、声を大にして明言させて頂きます・・・
「ExhiVisionは真のライブバンドである。そして、このアプローチが今後の日本のインスト・ロックミュージックに大きな足跡と影響を及ぼすであろう」と・・・。

さて、そんな興奮冷めやらないまま、ライヴ終了後の打ち上げにまたまた図々しくも参加させて頂きました(Bar QUEENのマスター様、御配慮頂きまして誠に感謝致します)。和田アキラさんはじめメンバーの皆さんと暫し談笑させて頂きましたが、今回、和田さんと難波さTokyo_fusion_night_45451んがいらっしゃると言う事で、あるCDを持参しました。そのCDとは・・・「Tokyo Fusion Night 」・・・FUSIONファンにとっては幻の名盤と謳われながらも、長い間伝説として存在してきたこの作品が先頃にめでたくCD化されました。このアルバムは今から30年前に世に出されたアルバムで、ポンタさん、鳴瀬善博さん、中村哲さん、野呂一生さん、松原正樹さん、大村憲司さん、細野晴臣さん、ペッカーさん、斉藤ノブさん、マック清水さん、小林泉美さん、ホーン・スペクトラム、そして、今回のお二人・・・そう「和田アキラさん」と「難波弘之さん」も参加されたアルバムです。しかし、改めてそのメンバーを見ると・・・絶句!!!!・・・日本のFUSIONシーンを彩ってこられたミュージシャンが勢ぞろいしています。そんな歴史的名盤に名を連ねたお二人から直々にサインを頂けたなんて!!!特に、難波さんからは「To FUSION」と私のHNを書いて頂きました。「Tokyo Fusion Night 」に「To FUSION」・・・自己満足(笑)ですが・・・感無量!!!

さて、もう一つのサプライズは・・・和田さんから実に嬉しい贈り物を頂きました。勿論、それ自体今でも信じられない出来事なのですが、何よりも私の様な輩に対する和田さんの暖かいお心使いが何より嬉しいかったのです。この場でもう一度御礼いたします「和田さん、本当に有難う御座いました」

そんな貴重で素晴らしい時間を過させていただいた「Bar QUEEN」さんのマスター様はじめ、暖かく接して頂いた皆々様、心より感謝致します。

「Bar QUEEN」・・・素敵な出会いと熱い感動が生まれる素晴らしいお店です。機会が御座いましたら是非一度お立ち寄り下さい。

それじゃ。また。

追伸:今回、実に微笑ましく暖かい光景を目撃しましたので記させて頂きます。
それは・・・今回のライブを見る為に、名古屋、大阪といった遠方よりファンの方がいらっしゃっていた様ですが、それを聞き付けた最前列に陣取っていた地元のお客さんがそのファンの方々に近寄り「遠くからお越しのようですネ。もし宜しかったら私の席にお座り下さい。」と声を掛けていました。今回の「ExhiVision」は地方ではなかなか拝見出来ないライブ・・・そのお客さんもきっと真近で見たかった事でしょう。でも、「Bar QUEEN」さんならではのアットホームな雰囲気がそうさせたのかもしれませんネ。

|

« スーパー・プレミアム・シリーズ第二弾!Vintage in 70's・スーパースター編 | トップページ | 松居和 ・ロベン・フォード 関連アルバムの再発 »

コメント

長谷川浩二さんて、アルフィーに参加されていた人だったんですね。若い頃に何度かコンサートに足を運んだのにその名前すら知りませんでした。こんなところでも活躍されていたのですね。意外でした。

投稿: ごまちゃん | 2008/11/14 15:33

いつも羨ましいことです。
僕は12月に東京でのB.F.UNITにも都合で行けないし。(苦笑)

僕の知人も別の場所でのExhivisionのライブに行ってツー・ショット写真などを撮らせてもらったと言ってました。
それと、楽器店でだったかな。ライブ演奏シーンのビデオが流れていたのを見たそうなんですけど、そんなの欲しいです。

投稿: WESING | 2008/11/14 17:50

ごまちゃんさんへ。コメント感謝致します。

そうでしたか、アルフィーのライブをご覧になっていたのですか。多分、ドラマーは長谷川さんだったのでしょうネ。
私は今回はじめて長谷川さんのドラムを拝見させて頂いたのですが・・・テクニック、パワーともに申し分無い凄いミュージシャンでした。アルフィーは全く聴いたことが無いのですが、これを機会にそのサウンドにも触れてみようかと思っています。

投稿: FUSION | 2008/11/14 19:28

WESINGさんへ。コメント感謝致します。

>いつも羨ましいことです。
これも全て「Bar QUEEN」さんのお陰様です。
私がライブを見るのはそう多くなかったりします(汗)・・・ですから、、「Bar QUEEN」さんのあの雰囲気を味わうとなかなか他のライブハウスに行こうという気になれなくて・・・本当に有難いお店です。
今回の「Exhivision」ですが、仕事の都合上、パスしようかと思ったのですが、これを逃すと地方では今度いつ見れるのかと思ったら・・・やはり拝見しておいて正解でした。強力なライブ・バンドだと認識した次第です。

投稿: FUSION | 2008/11/14 19:38

書き忘れましたが、一票入れてますか?(URL)

投稿: WESING | 2008/11/14 22:49

WESINGさんへコメント感謝致します。

「和田アキラTHE GUITAR」・・・勿論投票済みですhappy01
私が一票入れた時は確か7%位だったのですが・・・なかなか伸びませんネ。でも、これは是非にも再発して頂きたいですネ。このアルバムの「LOVE ME」のアレンジが大好きです。

投稿: FUSION | 2008/11/14 23:11

こんばんは。
毎度のことながら羨ましいやら、妬ましいやら。(笑)

私も一票入れときました。

投稿: elmar35 | 2008/11/19 23:07

elmar35さんへ。コメント感謝致します。

和田さん関連以外でのライブに殆ど足を運ぶことがなくなってしまいました。ライブ後の打ち上げが最大の目的になっている今日この頃ですcoldsweats01・・・勿論サウンドが第一ですけれどネ。
>私も一票入れときました。
感謝感謝感謝・・・有難う御座います。

投稿: FUSION | 2008/11/20 21:27

ExhiVision : Ice Bound を 聴きました☆
何て カッコイイ ギター & ベース でしょう。
夢 ドリーム 溢れる 希望
って
感じの 美しい 疾走感 溢れる
リズム

ああ 
うっとり ☆

夜中に
バルコニーで
夜空を眺めながら
ワインでも
ウィスキーでも
ブランデーでも

飲みながら

大人な
プレイに浸っていたい ☆

そんな 美しく カッコイイ 曲ですね☆

カシオペアのように 軽過ぎない のが
とっても 好きです!

重厚な ベースライン
基本に忠実すぎるくらいのドラム
浮遊感漂う Key
テクニック披露だけに終わらない歌心あるギター

ああ
何て 素敵なの ☆☆

投稿: タタガータにおそわりました | 2014/01/02 12:56

タタガータにおそわりました さんへ。コメント感謝致します。


ExhiVision、、、日本においては類稀なバンドですネ。個々のミュージシャンの個性を生かした楽曲と演奏、その全てがアルバム全体から強烈なエネルギーを発しています。
Ice Boundはじめ完成度の高いサウンドに酔いしれますネ

投稿: FUSION | 2014/01/02 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140273/43084797

この記事へのトラックバック一覧です: 「ExhiVision」~Beyond The Earthbound 2008~:

« スーパー・プレミアム・シリーズ第二弾!Vintage in 70's・スーパースター編 | トップページ | 松居和 ・ロベン・フォード 関連アルバムの再発 »