リー・リトナー(2003年)の作品
彼がGRP時代(1984年~2001年)に残したアルバムからセレクトされたベスト盤です。
選曲に関しては賛否両論あるでしょうが、個人的には納得のセレクトです。そして何よりも曲の配置が良いですね。
リトナーの魅力を味わうには格好のアルバムと言えます。若い世代の方はこれを入門編としてみては如何でしょうか。