マンハッタン・ジャズ・クインテット”MJQ"(1986年)の作品。
ルー・ソロフ、ジョージ・ヤング、デビッド・マシューズ、エディー・ゴメス、スティーブ・ガッドが織り成す熱いインプロビゼーションとクールなグルーブ感がたまらなく魅力的です。名曲ラウンド・ミッドナイトの息が詰るほどの緊張感が実に刺激的です。
ライナーにある「六本木が摩天楼になった」・・・まさにそのとおりですね。改めてピット・インと言うライブハウスが如何に素晴らしかったかを物語るアルバムでもありますね。