野獣王国(1998年)の作品。
是方博邦さん、鳴瀬喜博さん、難波弘之さん、東原力哉さんと言う強力なメンバーによるメジャー第1作です。この作品以前に<野獣王国 LIVE>(1997年)がインディーズから発売されています(私のブログにレビューあり)。
初のスタジオ盤ですが、前作のライヴ盤に負けず劣らずパワフルなサウンドを響かせています。熱くワイルドで且つヘヴィーなリズム隊に、ハートフルでブルージーなギター、格調高い旋律と懐古的な響きが新鮮なキーボード・・・何時聞いても大好きなバンドです。
当時の低迷したフュージョン・シーンに一石を投じた問題作です。実に骨太でハイボルテージの演奏は流石ですね。ライナーにある「吠える野獣達!!」の文字が光りますね(笑)。
そんななか、叙情的で熱く響く「PINK WOLF」を是非聴い下さい。