fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0025-DRIVIN'

F0025-DRIVIN'

春畑道哉さん(1987年)の作品。
ご存知、TUBEのギタリスト。彼のファースト・ソロアルバムです。
「TUBU=夏」といった音楽同様に、この作品も爽快感溢れるアルバムに仕上がっています。突き抜けるような青い空、透き通る青い海、そして風を感じて海岸線をドライブ・・・そんな清々しいサウンドを響かせています。
実際、春畑さんのギターから放たれるピッキングのニュアンスがダイレクトに伝わる艶と伸びのあるオーバードライブ・サウンドによって演出されたドライブ感とスプレッド感が実に魅力的ですね。
また、バックを務めるミュージシャンも豪華で、土方隆行さん、島健さん、渡辺直樹さん、増崎孝司さん、和泉宏隆さん、笹路正徳さん、斉藤ノブさん、渡嘉敷祐一さん、富倉安生さん、土岐英史さん、岡本郭男さん・・・など等、ビックリするほどの実力者揃いですね。このミュージシャン達が創り出す鉄壁のバックと、春畑さんの奏でるメロディアスでエキセントリックなギターのサウンド対比が明瞭なのも聴きやすい要因の一つです。このシナジー効果は良いですね。安心感が倍増していて。
因みに・・・私、春畑さんの隠れファンです(隠れるな!との声も・・・)。

固定リンク