fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0026-ON time DO it

F0026-ON time DO it

松原正樹さん(1997年)の作品。
正式には「松原正樹withON-DO」の作品です。因みにこの「ON-DO」は「音道」が正式名称?らしく、メンバーは松原正樹さん、南部昌江さん、河内純貴さん、安藤芳彦さんと言ったメンバーでのプロデュースチーム?との事です。
このアルバムには実に多彩なゲストが参加されています。ブレッド&バターの岩沢幸矢さん、BUZZの小出博志さんと東郷昌和さんをはじめ、その他素晴らしいミュージシャンがこのプロデュース集団「ON-DO」の元、素晴らしいサウンドと演奏を繰広げています。その中でもやはりBUZZの歌う「愛と風のように」はたまらなく嬉しいプレゼントですね。特に40歳半ば以上の方はこの曲を聴くだけで「ケンとメリーのスカイライン・・・俗に言うケンメリ・スカG」のCMが浮かんでくるはずです。
このアルバムは全10曲中8曲がボーカル・ナンバーですが、彼の真骨頂とも言える歌伴をした時のギターはやはり流石の一言。スタジオ・ミュージシャン・ギタリスト第一人者としての本領を充分過ぎるほどに発揮した作品です。時には歌よりも歌う?ギター・サウンドが魅力的です。(勿論ソリストとしての松原さんも素晴らしいのは今更にして説明不要ですね)
そんな中、暖かいギターサウンドで淀みなく流れる優雅なメロディーの「Angel Fish」は秀逸です。

固定リンク