松原正樹さん(1997年)の作品。
正式には「松原正樹withON-DO」の作品です。因みにこの「ON-DO」は「音道」が正式名称?らしく、メンバーは松原正樹さん、南部昌江さん、河内純貴さん、安藤芳彦さんと言ったメンバーでのプロデュースチーム?との事です。
このアルバムには実に多彩なゲストが参加されています。ブレッド&バターの岩沢幸矢さん、BUZZの小出博志さんと東郷昌和さんをはじめ、その他素晴らしいミュージシャンがこのプロデュース集団「ON-DO」の元、素晴らしいサウンドと演奏を繰広げています。その中でもやはりBUZZの歌う「愛と風のように」はたまらなく嬉しいプレゼントですね。特に40歳半ば以上の方はこの曲を聴くだけで「ケンとメリーのスカイライン・・・俗に言うケンメリ・スカG」のCMが浮かんでくるはずです。
このアルバムは全10曲中8曲がボーカル・ナンバーですが、彼の真骨頂とも言える歌伴をした時のギターはやはり流石の一言。スタジオ・ミュージシャン・ギタリスト第一人者としての本領を充分過ぎるほどに発揮した作品です。時には歌よりも歌う?ギター・サウンドが魅力的です。(勿論ソリストとしての松原さんも素晴らしいのは今更にして説明不要ですね)
そんな中、暖かいギターサウンドで淀みなく流れる優雅なメロディーの「Angel Fish」は秀逸です。