fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0027-J MOOD

F0027-J MOOD

ウィントン・マリサリス(1990年)の作品。
正直、私はこのアルバムとアルバムとハービー・ハンコックの「Quartet」と言うアルバムでしかマリサリスの音楽に接した事はありません。しかし、そんなJAZZ音痴の私でもマリサリスの存在感溢れる孤高のプレイとそのサウンドには圧倒させられます。しかし聴けば聴くほどに、彼のトランペットから放たれる、その研ぎ澄まされた音の刃と羽毛の様な暖かくしなやかサウンドが同居した矛盾ともいえる不思議な感覚がネオフォビア的で脳細胞を刺激します。
JAZZでよく表現される「COOLなサウンド」・・・それがこれなのかな?と勝手に解釈しています。「COOLなサウンド」と言うと、どうしてもマイルス・デイヴィスと比較してしまう自分が情けないですね(恥)
現代JAZZの新しい流れを作ったミュージシャンと言う事で手にした一枚ですが、マリサリスの音楽は私の様な未熟なリスナーにとっては体力を消耗させられます。私自身がリスナーとしてもう少し成長した時に改めて向かい合いたいミュージシャンですね。
この作品は聴くものを確実に選ぶ作品でもあります。

固定リンク