fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE

F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE

山下達郎さん(1989年)の作品。
1981から1989年の約9年間にわたる膨大なライブ音源から彼自身が厳選した20曲を二枚のCDに封印した、ある意味で達郎ミュージックの集大成とも言えるコンセプトを実感する作品です。
全曲、驚く程にクオリティーの高いライブパフォーマンスと演奏が堪能出来ます。私も何度か彼のライブを拝見しましたが、その時の感動と興奮がこのアルバムを聴く度に蘇ります。多分、彼のライブを見た事のない方でも、この作品を通してその興奮が実感できる事でしょう。
また、このアルバム全曲において一切の編集なしとの事です(ただ一曲ボーカルで歌詞を間違えたところを編集したそうです)。それを踏まえた上でこの作品を聴くと、より一層にミュージシャン達郎の底力をまざまざと感じますね。完成度の高いライブ・パフォーマンスを真空パックしたかの様なライブ盤です。
しかし、このアルバムを聴くとバックを固めるミュージシャンの凄さ・・・と言うか素晴らしさを実感できますね。達郎さんの魅力を引き出しす為に必要不可欠な信頼できるミュージシャンとの一体感は素晴らしいの一言!自分の音楽にとことん拘る達郎さんの情熱と、このミュージシャン達があってこそ、このライブ盤を世に出せたのかも知れませんね。
最後に余談ですが、達郎さん曰く「このアルバムの為、スットクしてあった膨大な音源を聴いた所、ドラムの青山さんが明らかにミスだと分かるのは一曲のみ」とコメントしていました。唖然とさせられますね。

固定リンク