fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0036-CLARA

F0036-CLARA

武部聡志さん(1988年)の作品。
私が彼を知ったのは松任谷由美(ユーミン)さん関連で、彼女の音楽のブレーンと言う認識からでした。
そんな彼がソロアルバムを発表すると言う事で購入したのですが・・・先ず参加ミュージシャンの豪華さに唖然とします。ボーカルだけでも久保田利伸さん、ノッコさん、種ともこさん、楠瀬誠志郎さん、小柴大造さん・・・など等、総勢10名以上、参加ミュージシャンに至っては、鳥山雄司さん、富倉安生さん、青山純さん、高水健司さん、山木秀夫さん、後藤次利さん・・・など等、総勢20名近い一流ミュージシャンと呼ばれる方々が参加しています。
その豪華なミュージシャンを配した本作品はと言うと・・・これが実にドラマ的でストーリー性の有る世界を創り上げています。フェアリー・テールとも言える様な語り口を持ったふくよかで優しいサウンドと、ミュージカルの様に心弾むような躍動感のあるサウンドが一体となり、まるで幾つかの短編映画を見ているような錯覚に陥ります。
繊細な楽曲を色鮮やかなアレンジによって彩られたそのサウンドは誰も真似ることのできない独創性をも感じます。現在もアレンジャー、プロデューサーとして多くのアーティストを手掛ける武部さんですが、このアルバムに垣間見られるその手法を学ぶと言った観点からも、その重要性を感じずにはいられません

固定リンク