fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0037-Heart Of The Bass

F0037-Heart Of The Bass

John Patitucci-ジョン・パティトゥッチ-(1992年)の作品
現在のミュージックシーンにおいて、間違いなく最高峰に位置するベーシストの彼が、邦題サブタイトル「ジャズ・ベースとオーケストラの為の協奏曲」の如くJAZZ・FUSIONとクラシックの融合を図った問題作です。オーケストラや弦楽四重奏とのコラボレーション・・・実に充実した響きを堪能できます。感動的ですらありますね。
彼の持ち味でもある類稀なテックニックと表現力がクラシックと言うフィールドでも・・・いや、クラシック的なアプローチだからこそ、より絶妙な表情の変化を刻み込めた魅力的な作品です。様式美と芸術性と言った点から観ても充分に完成度の高い作品です。無論そのサウンドの核となる骨太のアコースティック・ベースと6弦ベース、その音色は美しく程の透明感で聴くものを魅了してくれます。
しかし、クラシックをあまり聴かないリスナーにとっては若干ですが違和感と言うか敬遠されてしまいそうな感も否めません。しかしながら、聴き込んでみれば彼の音楽に対する集中力の高さと生命感が漲った演奏とサウンドがそこにある事に気付かされる事でしょう。このアルバムから放たれる精緻かつ耽美なサウンドは是非多くのリスナーに聴いて頂きたいですね。ジョンの意欲溢れる作品です。

固定リンク