ROBERTA FLACK(1988年)の作品。
ロバータ・フラックと言えば・・・そう、名曲「Killing Me Softly(やさしく歌って)」が有名ですよね。
このアルバムは、そんな彼女がマーカス・ミラー、ジェリー・ヘイ、マイケル・オマーティアン、そしてクインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎え発表され、当時のヒットチャート上位に位置した作品です。
実に心身共にリラックス出来る心地良いサウンドが魅力的で、それはこのアルバムはタイトルの「オアシス」と言う表現がピッタリかもしれませんね。彼女にチョッとハスキーでふくよかで包容力のある優しい歌声は素敵ですね。彼女の情操豊かな歌唱に心身共に癒されます。ライトで温順で、そして大人びたノーブルな雰囲気がアルバム全体を満たしています。
また、参加ミュージシャンもマーカス・ミラー、デイヴィッド・サンボーン、ハーヴィー・メイソン、ポウリーニョ・ダ・コスタ、アール・クルー、スティーヴ・ガッド・・・他、といった安心感抜群の凄腕ミュージシャンをバックを従えて、彼女の歌声としなやかなアンサンブルを聴かせてくれます。