fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0043-SPACES

F0043-SPACES

ラリー・コリエル(1970年)の作品。
フュージョン・シーンを語る上で欠かせないアルバムが幾つか存在します。その中でもこのスペイセスは絶対に忘れてはならないアルバムです。
メンバーが(g)ラリー・コリエル、ジョン・マクラフリン (p)チック・コリア (b)ロスラフ・ビトウス (d)ビリー・コブハムと言う、今では信じられない様なメンバーによる強力な作品です。
この、シンクタンクなメンバー各々のインプロビゼーションがぶつかり合い、メンバーの内に秘めた情操や精髄と言ったものが音像化されたかの様な作品です。荒れ狂う様な激情と息苦しくなるほどの緊張感が全編を満たしています。
当時(1970年)としてはアンダーグランド的でマニアックな異端性を感じたに違いありません。しかし、商業的なサウンドに慣らされた耳にはこの作品は衝撃的だったはずですし、現在聴いてもただただ驚愕するばかりです。彼達のチャレンジ精神と、やはりこのアルバムの中心となるラリー・コリエルの果断には敬服させられますね。並外れた力量の凄さを今さらながらに思うのでした。そして、何よりも特筆すべきは、このアルバムは、あくまでも彼達の未来へのワンステップに過ぎなかった・・・と言う事です。
このアルバムは演奏やフレーズが云々というより、その興奮と熱意と緊張感と・・・何より存在感を味わって頂きたいですね
余談ですが、私的に原点に返ろうとした時、自然と手が伸びてしまう愛聴盤です。何時か本編でも紹介しようと考えています。

固定リンク