fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0044-JEWELS

F0044-JEWELS

キエリ・ミヌッチ(1995年)の作品。
キエリ・ミヌッチは日本国内においては今ひとつ知名度が低いギタリストですが、スペシャルEFX(現在はジョージ・ジンダがお亡くなりになられたので活動休止・解散状態です)というバンドでのギタリストと紹介した方が馴染み深いかもしれませんね。
そんな彼が初のソロ・アルバムを出す言うので手にした一枚です。
実にコンテンポラリーで多彩な作品群に加えて、洗練された曲の流れに逆らう事無くメロディックなフレーズを聴かせるタイプのギタリストですね。確かなテクニックに裏打ちされたプレイは、その安心して聴ける楽曲群との相乗効果によってリスナーに充実した響きをもたらしてくれます。
正統派の手法でシンプルに歌うバラードは美しさを感じますし、ジャズフレーバーを散りばめた曲には彼のルーツをも感じます。また、アコースティック・ギターも一音一音のニュアンスを大切にして実に美しく響かせています。そこに彼のギター・サウンドに対するナーバスで一義的なものを感じます。時に映画のサントラ的な作品も有り、この曲が実に興味深いですね。またレゲエ調の曲、日本情緒をも感じる曲と多彩ですが、一つのアルバムとして聴きやすく、散漫さと言ったものは微塵も感じません。そんな中、組曲風で難解なフレーズと独自の浮遊感や壮大な世界を刻み込んだイリュージョン的な「JEWELS(PARTS1-4)」に彼の凄さを見せ付けられるのでした。
また、参加ミュージシャンも総勢19名クレジットされています。この参加ミュージシャンを適材適所に配置して創りだされた緻密なサウンドは彼独自の技法と言っても良いでしょう。決してテクニック的な面を強調し過ぎない点にも好感が持てます。
各々の楽曲に彼が考えるギターインストの在るべき姿を明確に打出し、尚且つ作品の隅々までに美意識が感じられる作品です。

固定リンク