fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0045-SHAMBARA

F0045-SHAMBARA

シャンバラ(1989年)の作品
このバンドは櫻井哲夫、神保彰、古川望、梁邦彦 、国分友里恵 、秋元薫というメンバーからなるユニットです。当時カシオペアのリズム隊二人がバンドを組んでアルバムを発表すると言う事でカシオペア・ファンおも喜ばせましたが、蓋を開けるとインスト・ナンバーは一切無しの国分さんと秋元さんという女性のツインボーカルを全面に押出した完全なるボーカル・ナンバーで満たされていました。確かに、このアルバム以前に櫻井さんの「デュードロップス」、神保さんの「コットン」がソロアルバムとしてそれぞれ発表されていて、両方ともボーカル主体のアルバムでしたが、このアルバムでのアプローチには正直ビックリさせられました。詳しく調べるとライブハウスMZA有明(現在は閉鎖)のイベントに乗じた企画色の強いバンドの様ですね。
さて、問題のサウンドはと言うと、J-ポップスとも呼べるナンバーが満載です。当時の音楽シーンを代表するかの様なライトでポップな楽曲群と、櫻井さんと神保さんの強力なリズム隊がうまく溶け合って独自の躍動感とライトな手触りが心地良く響きます。
また、アルバムから溢れる愛らしい旋律から感じられるセンシュアリズムといったものがリスナーにも充分伝わってきますね。

ただ、一説によるとこのシャンバラというバンド結成が櫻井さん、神保さんのカシオペア脱退の大きな原因になったとの事らしいですが、そう考えるとこのポップス歌謡とも呼べそうなサウンド・アプローチに対して個人的には複雑な思いです・・・決して嫌いなサウンドではないのですが・・・。
いや、余計な先入観と能書きは無しで楽しみましょう。それがこのアルバムの本当の聴き方かもしれません。

固定リンク