竜童組(1985年)の作品。
竜童組とは、宇崎竜童を中心に長井充男、ロミー木ノ下、樋口晶之、小針克之助、包国充、川崎真弘、柳沼寛、田中太郎、広瀬裕美子といった個性的なミュージシャンの集合体です。
このアルバムは、日本の祭り等の祭事とロックを融合させた近年まれに見るサウンドです。そこには日本人だからこそが感じることの出来る、祭りの血沸き肉踊る躍動感を見事に竜童組サウンドとして昇華させています。
このアルバムは彼達のライヴに欠かす事の出来ない楽曲が満載ですが、それだけこのアルバムで既に竜童組サウンドが完成されていたと言う証拠でもありますね。
また、宇崎竜童さん自身が書く曲だからこそ自己の想いを曲に反映させられる無骨で男くさい味の有るボーカルが魅力です。そしてやはり忘れてならないのは「十六夜小夜曲」での阿木燿子さんの書く詩が素晴らしいですね。
そんななか、この竜童組サウンドに広瀬裕美子さんのヴァイオリンが叙情的で濃艶な色彩と、ゲストの林英哲さんの力強く立体感のある太鼓が「生命力」といったものを吹き込んでいます。
名曲、「八木節イントロデュース」、「数え唄」、「The Kamui」、「十六夜小夜曲」・・・再結成を強く望みたいですね。
最後に、「津軽口説組曲」は日本音楽史に残したい名曲です。