fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0047-RYUDOGUMI

F0047-RYUDOGUMI

竜童組(1985年)の作品。
竜童組とは、宇崎竜童を中心に長井充男、ロミー木ノ下、樋口晶之、小針克之助、包国充、川崎真弘、柳沼寛、田中太郎、広瀬裕美子といった個性的なミュージシャンの集合体です。
このアルバムは、日本の祭り等の祭事とロックを融合させた近年まれに見るサウンドです。そこには日本人だからこそが感じることの出来る、祭りの血沸き肉踊る躍動感を見事に竜童組サウンドとして昇華させています。
このアルバムは彼達のライヴに欠かす事の出来ない楽曲が満載ですが、それだけこのアルバムで既に竜童組サウンドが完成されていたと言う証拠でもありますね。
また、宇崎竜童さん自身が書く曲だからこそ自己の想いを曲に反映させられる無骨で男くさい味の有るボーカルが魅力です。そしてやはり忘れてならないのは「十六夜小夜曲」での阿木燿子さんの書く詩が素晴らしいですね。
そんななか、この竜童組サウンドに広瀬裕美子さんのヴァイオリンが叙情的で濃艶な色彩と、ゲストの林英哲さんの力強く立体感のある太鼓が「生命力」といったものを吹き込んでいます。
名曲、「八木節イントロデュース」、「数え唄」、「The Kamui」、「十六夜小夜曲」・・・再結成を強く望みたいですね。
最後に、「津軽口説組曲」は日本音楽史に残したい名曲です。

固定リンク