fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER

F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER

ロベン・フォード(1988年発表)の作品。
このアルバムはロベンの身上となるブルースを機軸とした実に興味深い作品です。全9曲中、8曲が彼自身のボーカルナンバーです。
そこにはブルースナンバーな勿論、ロックンロール、ロカビリー、AORといった曲調のナンバーが並びます。そして、彼自身のボーカルはどちらかと言うとブルース本来のもつ泥臭さは感じられなく、実にポップな感覚と力強さを併せ持ったダイナミックかつ爽快な歌声で魅了します。
さて、気になるギター・サウンドはと言うと・・・是が絶品!!!ウォームでヌケの良いライトなオーバードライブサウンド奏でられるノーギミックのストレートなサウンドと類稀な歌心が一体となり、まさに「ギターが歌う」と言う言葉がピッタリです。ただただ聴き惚れるばかりで、嫉妬すら覚えます。個人的に理想とするギター・サウンドとスタイルがこのアルバムにあります。
また、参加ミュージシャンもROSCOE BECK、VINNIE COLAIUTA、RUSSELL FERRANTE、そしてJEFF PORCARO等、納得のメンバーです(笑)。特にジェフ・ポーカロ(ポカーロ)は「I GOT OVER IT」にのみ参加となりますが、彼らしいビートを響かせています。やはり彼のハネた8ビートは素晴らしいですね。
そんななか、今やブルースのスタンダード・ナンバーとも言える「BORN UNDER THE BAD SIGN」(悪い星の下に)のカバーがキラリと光ますね。
後の "ブルー・ライン"の布石となる記念すべきアルバムと同時に、傑作とも言える作品です。

固定リンク