森高千里さん(1989年)の作品。
何故ここに森高さんのアルバムが???とお思いでしょうが・・・実はこのアルバムの「しりたがり」と言う作品に注目して頂きたくここで紹介する事にしました。
この「しりたがり」・・・なにが注目かと申しますと、参加メンバーが実に興味深いのです。
(g)和田アキラ (b)沢田浩史 (d)木村万作 (pf)前嶋康明 (syn)津垣博通 (per)カルロス菅野・・・他ホーン・セクション等
どうですか?凄いメンバーでしょう。ご存知プリズムの二人と元オルケスタ・デ・ラ・ルスの沢田浩史さんとカルロス菅野さん、そして松岡直也グループでも有名な津垣博通さん・・・因みに松岡直也グループには和田アキラさん、木村万作さん、カルロス菅野さんも在籍していましたね。このメンバーが集結すると・・・そう、ラテンナンバーしかないでしょう(笑)。この強力な布陣で繰広げられる実に躍動感溢れるダイナミックかつ爽快なサウンドと森高さんのキュートでコミカルな声が実に良くマッチしています(歌というよりは台詞なんですが・・・笑)。
また、その森高さんと掛け合いする和田さんのギターがこれまた凄い!!!短い少節ですが「これぞ和田アキラのサウンド」と言うギターは流石と言うほか御座いません。「俺が和田アキラだ!!!」という感じでブッちぎっています(笑)
ただ、残念な事に全17曲収録された内、このメンバーが参加したのはこの一曲のみなんですよね。全曲この調子でお祭り騒ぎして頂きたかったのですが・・・。