BLUEW(1989年発表)の作品。
BLUEW(ブルー)・・・今やジャパニーズ・フュージョンシーンに確固たる地位を築いたDIMENSION(ディメンション)のギタリスト増崎孝司さんが参加していたバンドです。とは言ったものの、増崎さんの経歴を追っていてこのバンドの存在を初めて知りました(汗)。この作品しかブルーのアルバムを聴いた事が有りませんが、これ以外の3枚の作品も正直気になるところです。機会が有ったら是非聴いてみたいですね。
バンドの核となる片山圭司さんの無骨で筋肉質とも言える力強いボーカルとシンプルでライトな8ビートが実によくマッチし聴きやすいサウンドに仕上がっています。このバンド自体の持つパワーとポップな感触を表現するのには最良の手段かもしれませんね。
さて、気になるギターはと言えば、アルペジオとカッティングを適材適所に配置したバッキングやエモーショナルなギターソロを聴くと、やはり今のディメンションでのプレイの礎的なものを実感します。また華麗なフレーズを曲に注ぎ込む様に演奏し、バンド・サウンドにおいてギターのみが突出する事の無いアンサンブル重視のプレイに彼の懐の深さを感じますね。
こういった評価は不本意なのですが・・・全体的に、やはり増崎さんのギタープレイが光りますね。如何しても彼のギターばかりに耳が行ってしまうのでした。