fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0055-色彩感覚

F0055-色彩感覚

亜蘭知子さん(1982年発表)の作品です。

亜蘭知子さんといえば・・・そう「作詞家」として有名ですね。三原順子さんの「セクシー・ナイト」やチューブの「シーズン・イン・ザ・サン」「サマー・ドリーム」「ビーチ・タイム」をはじめ、実に多くの方々に詩を提供していますが、そんな彼女も歌手として活動していました。今回紹介するのは亜蘭さんの二枚目のアルバムがこれです。
このアルバムのプロデュースは・・・そう、あの「Being」の代表を務める「長戸大幸さん」です。そのビーイングの前面バックアップ(それもそのはず、彼女は長戸さんの元奥さんです)により製作された実の興味深いアルバムです。なにしろ全アレンジを 笹路正徳さんが施しミュージシャンには「マライヤ・プロジェクト」を配したサウンドです。期待を裏切らない出来栄えですね。スタンダード・ジャズ風あり、シティー・ポップス風あり、歌謡曲風あり、ニューミュージック風あり、ロックあり・・・全体的には確かにバラエティーに富んでいるのですが、都会的で洗練された作品としてアレンジされ絶妙の統一感が支配しています。
しかし、私がこのアルバムを選んだ本当の理由はその参加ギタリストに惹かれたからなのでした(笑)。さて、気になるその方々とは
土方隆行さん、北島健二さん、安藤正容(まさひろ)さん、高崎晃さん、
驚きの面子です。しかし、よく考えると、土方さんは「マライア」で、北島さんは織田さん繋がりで、安藤さんはソロアルバム「メロディー・ブック」を笹路さんがプロデュースで、そして高崎さんはソロアルバム「ジャガーの牙」を同じく笹路さんがプロデュースで・・・と言った様に必然的な関連により参加されたと思うのですが・・・はたして?
さて、気になるそのサウンドはと言うと・・・聴いてからのお楽しみと言う事で(笑)。どの曲がどのギタリストか?なんて考えながら聴くのも楽しみ方の一つかもしれませんね。実のところ曲ごとのミュージシャン・クレジットが無いので一部、誰か解らなかったりします(苦笑)でも、ソロは殆どその人らしいプレイとサウンドなので解ると思いますが???
また、もう一つ気になる事といえば、スクエアの名曲「ハワイへ行きたい」(“脚線美の誘惑”に収録)がボーカル・バージョンとして「ザ・マリードマン(The Married man)」と題名を変え収録されている点もフュージョン・ファンとしては注目したいところですネ。
余談ですが、彼女の4枚目のアルバム「MORE RELAX」はカシオペアが全面参加されています。こちらは聴いた事が有りませんが、実に気になるアルバムです。
因みにこちら↓「D9に響き」(elmar35さん)のブログにもこのアルバムのレヴューが御座いますので是非!!!
http://blog.goo.ne.jp/elmar35/e/4a2f3829295364f28251a2ce413efb26

固定リンク