亜蘭知子さん(1982年発表)の作品です。

亜蘭知子さんといえば・・・そう「作詞家」として有名ですね。三原順子さんの「セクシー・ナイト」やチューブの「シーズン・イン・ザ・サン」「サマー・ドリーム」「ビーチ・タイム」をはじめ、実に多くの方々に詩を提供していますが、そんな彼女も歌手として活動していました。今回紹介するのは亜蘭さんの二枚目のアルバムがこれです。
このアルバムのプロデュースは・・・そう、あの「Being」の代表を務める「長戸大幸さん」です。そのビーイングの前面バックアップ(それもそのはず、彼女は長戸さんの元奥さんです)により製作された実の興味深いアルバムです。なにしろ全アレンジを 笹路正徳さんが施しミュージシャンには「マライヤ・プロジェクト」を配したサウンドです。期待を裏切らない出来栄えですね。スタンダード・ジャズ風あり、シティー・ポップス風あり、歌謡曲風あり、ニューミュージック風あり、ロックあり・・・全体的には確かにバラエティーに富んでいるのですが、都会的で洗練された作品としてアレンジされ絶妙の統一感が支配しています。
しかし、私がこのアルバムを選んだ本当の理由はその参加ギタリストに惹かれたからなのでした(笑)。さて、気になるその方々とは
土方隆行さん、北島健二さん、安藤正容(まさひろ)さん、高崎晃さん、
驚きの面子です。しかし、よく考えると、土方さんは「マライア」で、北島さんは織田さん繋がりで、安藤さんはソロアルバム「メロディー・ブック」を笹路さんがプロデュースで、そして高崎さんはソロアルバム「ジャガーの牙」を同じく笹路さんがプロデュースで・・・と言った様に必然的な関連により参加されたと思うのですが・・・はたして?
さて、気になるそのサウンドはと言うと・・・聴いてからのお楽しみと言う事で(笑)。どの曲がどのギタリストか?なんて考えながら聴くのも楽しみ方の一つかもしれませんね。実のところ曲ごとのミュージシャン・クレジットが無いので一部、誰か解らなかったりします(苦笑)でも、ソロは殆どその人らしいプレイとサウンドなので解ると思いますが???
また、もう一つ気になる事といえば、スクエアの名曲「ハワイへ行きたい」(“脚線美の誘惑”に収録)がボーカル・バージョンとして「ザ・マリードマン(The Married man)」と題名を変え収録されている点もフュージョン・ファンとしては注目したいところですネ。
余談ですが、彼女の4枚目のアルバム「MORE RELAX」はカシオペアが全面参加されています。こちらは聴いた事が有りませんが、実に気になるアルバムです。
因みにこちら↓「D9に響き」(elmar35さん)のブログにもこのアルバムのレヴューが御座いますので是非!!!
http://blog.goo.ne.jp/elmar35/e/4a2f3829295364f28251a2ce413efb26