fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)

F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)

Bob Carlisle<ボブ・カーライル>(1997年発)の作品

このアルバムに収録された、嫁いで行く愛娘に捧げたと言う「バタフライ・キッセズ」の大ヒットによって一躍その名を知らしめた彼の代表作品です。
彼の艶やかで伸びの有るチョッとハスキーなヴォイスから放たれる、その洗練された美しさと繊細できめ細かい表現力によって彩られた楽曲群は素晴らしいの一言です。心地良いそのメロディーが温もりの様に伝わってきます。暖かくやさしい眼差しで見つめられた様なナイーブなサウンドが満載で、これ等の作品を聴いただけで彼の優しく温かい人柄を想像できますね。時に力強く時に柔らかなそのサウンドからは確かな生命感と包容力の様なものが伝わってきます。

私は英語が得意ではないのでこのアルバムに収録された歌詞の意味するところは全くもって分からないのですが、調べたところ、どうやらキリスト教のメッセージ色が強い作品の様です。それが要因なのかどうかは私には分かりませんが、一度聴いたら忘れられないそのキャッチャーでこの上なく明るい曲調にも係らず、どこか毅然とした威厳の様なものが感じられます。

しかし、是だけは間違いありません・・・・AORが好きな方には絶対に見過ごせないアルバムです!!!

固定リンク