fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0057-One Trick Pony

F0057-One Trick Pony

Paul Simon(ポール・サイモン)1980年発表の作品

ポール・サイモンと言えば・・・そう、サイモン&ガーファンクルが有名ですネ。私もフォーク・ソング少年だった頃、彼たちの歌声に魅了された一人です。特に「スカボロー・フェア」、「サウンド・オブ・サイレンス」、「明日に架ける橋」etc,,誰もが知っている名曲の数々・・・実に素晴らしいサウンドを持ったグループでした。彼たちのサウンドが日本人ミュージシャンに及ぼした影響は計り知れないものがありますね。
サイモン&ガーファンクルは残念ながら1970年に解散しました。その後ポール・サイモンが発表した作品は数多くありますが、正直、私自身サイモン&ガーファンクル以外でポールのアルバムは数枚の作品しか耳にした事が有りません。しかし、そんな私が知っている数少ないアルバの中でも何故かこの作品は心に残りました。
このアルバムは彼自身も出演した「One Trick Pony(ワン・トリック・ポニー)」という映画のサントラとして作成されたアルバムです。それが原因かどうかは定かでは有りませんが様々な音楽的要素が詰込まれたバラエティーに富んだ作品に仕上がっています。哀愁漂うノスタルジー溢れるサウンド、ストイックな程に繊細なバラード、躍動感溢れる心はずむサウンド・・・その全が調和のとれた成熟と洗練された作品ですね。
ポール・サイモンが持つ優しさと憂いが合さり彼独特の語り口で奏でられる作品は、当たり前ですが彼にしか構築出来ない独自の世界を刻み込んでいます。決して印象深い作品ではありません。しかし時折無性に聴きたくなる、そんな素敵なアルバムです。

因みに参加ミュージシャンは・・・

エリック・ゲイル、ジョン・トロペイ、ジョー・ベック、ハイラム・ブロック、リチャード・ティー、ドン・グロニック、トニー・レヴィン、アンソニー・ジャクソン、スティーヴ・ガッド、ラルフ・マクドナルド、パティー・オースティン、デイヴ・グルーシンetc

・・・凄いミュージシャンですね。絶句します!しかし、あくまで主役はポール・サイモンなんですよね。そこがまた実に素晴らしいのですが・・・。(このアルバムに限らず、彼のどのアルバムでも素晴らしいミュージシャンがサポートしているようですが・・・)

余談ですが、このCDのライナー(LPからの転載ですが)は、あの「さだ まさし」さんが記しているのですが、元々文才の有る彼がポール・サイモンと彼のサウンドを、そしてさださん自身の考えを実に的確に、そして表現力豊かに綴られています。これが実に素晴らしいのです。こんなライナーを私もいつか書ける様になりたいものです。

固定リンク