fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

<< 前 | トップページ | 次 >>

F0058-Sound Theories, Vol. 1&2

F0058-Sound Theories, Vol. 1&2

STEVE VAI<スティーヴ・ヴァイ>(2007年発表)の作品

今や説明不要、カリスマ・ギタリストとして君臨する彼が、前作から約2年という期間を経て、満を持し世に出されたこのアルバムは、何と全編に渡りオーケストラと競演しています。以前紹介しました「REAL ILLUSIONS」にもオーケストラと競演していますが、今回はアルバム全曲に渡ってオーケストラの壮大で威厳的なサウンドを響かせています。

このアルバムはCD2枚組ですが、Vol. 1は彼の代表曲をオーケストラヴァージョンとし、そして自身のギターとオーケストラとの壮大なイリュージョンを繰広げています。またVol. 2ではヴァイがオーケストラの為に書き下ろした楽曲をオーケストラが演奏し、非常に芸術性の高い作品として存在しています。私はクラシック音楽に精通していませんので、専門家が聴いたならどういう意見なのか興味深いものがありますね。しかし、少なからずとも私の様なクラシック音楽を余り良く知らない輩を驚かせ魅了させた事は事実です。

このアルバムを聴いて何より驚かされるのは、彼の超絶技巧のギター・プレイ以上に、スティーヴ・ヴァイのアレンジ能力の高さには目を見張るものがありますね。オーケストラのスコアーを彼自身が書いています(ライナーに彼自身の手書きのスコアーが収録されています)。彼は昔、採譜の仕事をしていましたが、その正確性には定評がありました。それが影響している事は確実だと思いますが、そんな要因も含めて、彼の音楽家としての礎とギタリストとしてのハイアヴィリティーを同時に実感できる素晴らしい作品が並びます。天賦の才能とは彼の為にある言葉かもしれませんね(笑)。
そんな彼が、尚且つ自己のサウンドを追求しながらも様々な音楽的要素が消化され自分たちのサウンドとしている事を否が応でも認識させられるアルバムです。スティーヴ・ヴァイと言うミュージシャンの格を上げたばかりか、新境地を切開いた彼にとっても重要な作品だと思います。
今後、スティーヴ・ヴァイに望むのは、是だけの作品を創れるだけの能力があるのですから、どうせならロック・フィールドからのアプローチではなく、彼がプレイヤーから一度離れ、作曲家・アレンジャーとして完全なるクラシック然とした純粋な作品を聴いてみたいですね。

固定リンク