fusion.cocolog-nifty.com > 本日?の一枚(ジャケット写真をクリックするとアルバム解説が表示されますので是非!)

F0062-Pages
F0061-Go On...
F0060-Love'n You
F0059-TWILIGHT~SUMMER SOUND STORY~
F0058-Sound Theories, Vol. 1&2
F0057-One Trick Pony
F0056-Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
F0055-色彩感覚
F0054-Face to Face
F0053-TRIBUTE TO JOHN COLTRANE~SELECT LIVE  UNDER THE SKY '87  10Th SPECIAL~
F0052-THE KOLEN CONCERT
F0051-NO RETURN
F0050-The Definitive Collection
F0049-非実力派宣言
F0048-TALK TO YOUR DAUGHTER
F0047-RYUDOGUMI
F0046-NOTE WORKER
F0045-SHAMBARA
F0044-JEWELS
F0043-SPACES
F0042-OASIS
F0041-WINTER BEACH
F0040-Yourself・・・Myself
F0039-Fusion Paradise skyblue selection
F0038-Fusion Paradise Orange Selection
F0037-Heart Of The Bass
F0036-CLARA
F0035-MINAKO FAVORITES
F0034-SALT
F0033-Back on the Streets
F0032-JOY-TATSURO YAMASHITA LIVE
F0031-DEWDROPS
F0030-AMIGOS
F0029-史上最大全集しょのいち
F0028-PANDORA
F0027-J MOOD
F0026-ON time DO it
F0025-DRIVIN'
F0024-AZURE
F0023-The GIFT
F0022-TIME IS ALL IT TAKES
F0021-POWER JUNGLE
F0020-Will You Dance
F0019-CM TRACKS
F0018-JUNE JULY AUGUST~SUMMERPIECES~
F0017-REAL ILLUSIONS
F0016-METROPOLIS PT2 SCENES FROM A MEMORY
F0015-GET OUT OF MY YARD
F0014-LIVE AT PIT INN
F0013-THE VERY BEST OF LEE RETENOUR
F0012-うるさくてゴメンねLIVE
F0011-THROUGH ANY WINDOW
F0010-STAR CHILD
F0009-AMOSHE
F0008-NIGHT CREATURES
F0007-THE GADD GANG
F0006-J BOYS
F0005-BACK TO OAKLAND
F0004-VAN HALEN BEST OF VOLUME 1
F0003-INNER WIND
F0002-LOVE'S A HEARTACHE
F0001-OUT AND ABOUT

トップページ | 次 >>

F0062-Pages

F0062-Pages

PAGES<ペイジズ>(1981年)の作品

前回、ミスター・ミスターを紹介しましたが・・・「あれ~もしかしてペイジズ知らないんじゃないの~」なんて声が聞こえてきそうなので(笑)、ここで紹介させて頂きます。
ペイジズ・・・リチャード・ペイジとスティーブ・ジョージを中心として5人組で1977年にデヴューした後、メンバー・チェンジを繰返し、最終的にはリチャードとスティーブ二人のユニットになってしまったようですね。そんなペイジズですが、3枚のアルバムを残して後の「ミスター・ミスター」に移行していくわけです。
今回紹介するのは、そんなペイジズのラストアルバム(?)となった「PAGES」です。本当に良く聴きました。当時、リー・リトナーの「RIT」なるアルバムを切欠にフュージョンとAORの関係性を幼かった当時の私も痛烈に感じ取っていたのですが、この「PAGES」もまさにその最たるアルバムの1つと言えるでしょう。安心感抜群の演奏をバックに、軽やかでメロウなサウンド、耳障りの良いみずみずしいサウンド、スピード感を演出する小気味よいタイトでリズミックなビート、、、ヒット要因を多分に含んだ楽曲群が満載です。それもそのはず、プロデューサーにあの「ジェイ・グレイドン」の名前が・・・もうこの時点でそのサウンドが十分に予測できるかと思います(笑)。実際、このアルバムを聴いていると、ジェイ・グレイドンとデヴィッド・フォスターのエアプレイが生んだ傑作「ロマンティック」との共通点を驚くほど多く見つけられると思います。

また、先に記した安心感抜群の演奏ですが、やはりバックを固めるミュージシャンも、グレイドンをはじめ、ジェフ・ポーカロ(ポカーロ)、ニール・スチューベンハウス、ポール・ジャクソンJr、トム・スコット、ポウリーニョ・ダ・コスタ ・・・そしてヴィニー・カリウタ等、凄腕ミュージシャンの多くが参加しています。(因みに、ヴィニー・カリウタは余りにも好き勝手に叩き過ぎてレコーディング途中でグレイドンにクビにされたそうです・・・ますますヴィニーが好きになった私です・・・その好き勝手に叩き過ぎたテイクだけを聴いてみたいと思うのは私だけでしょうか?・・・笑)。しかし、やはり特筆すべきはリチャード・ペイジのボーカルです。繊細ながらもダイナミックかつ爽快な歌声で紡ぎ出すフレーズはリスナーを引き付け、そして時に訴え掛ける様な不思議な力感をも覚えます。素晴らしいボーカリストですね。

アルバム全てに亘って捨て曲なしの素晴らしい楽曲がオンパレードですが、そんななか、プログレッシブ・ロックのスタイルとリスナーの心を抉る様な鋭角的なリズムとサウンドをブレンドしたワイルドなナンバー「オートマティック」と、情感に溢れた表現力で魅了する悲しいまでに美しく透明感の高いバラッド「ミッドナイト・エンジェル」が秀逸です。

因みに、このアルバムに収録された「オンリー・ドリーマー」ですが、当時ラリー・カールトンのプライベート・スタジオだった「ROOM335」で収録されており、エンジニアとしてカールトンの名前がクレジットされています。願わくばプレイヤーとしても参加して頂きたかったですね。残念!!!

固定リンク